サポーターお薦め情報を頼りに…

JリーグTVを見ているサポーターから「鳥栖カフェド ブルーのパフェが凄い。
ランチも美味しいので是非」という情報をもらう。
昼飯時は混んでいるようなので開店すぐの11時に訪問。
お店の人のおすすめは、いま旬のいちごパフェ。
普通サイズでも大きい。
しかもパフェの種類が数え切れないほど、たくさんある。
パンケーキも美味しそうだったがサポーターからおすすめのパフェを注文した。

今季から名称が「駅前不動産スタジアム」に変更されたスタジアムに到着。
スタグルのおすすめ「みたらし団子」も人気だ。
試合前のスタジアムの周りの雰囲気は悪くない。

試合開始前にはジュニアユースの表彰式が行われていた。
なんでも鳥栖アカデミーは鳥栖と唐津のU15合同チームがイタリア トリノで行われた大会でユベントスを破って優勝したよう。素晴らしい!スタジアムからも大きな拍手が。
アカデミーに負けるな、今日こそトップチームが得点を取って、勝利を!

ここまで鳥栖は1勝1分6敗、得点1失点12、ここ3試合得点無し。
この日のメンバーは水曜日のJリーグYBCルヴァンカップ仙台戦と同じ。

対する湘南は3勝1分4敗、得点10、失点11、こちらも3試合勝利無し。
リーグ戦2敗1分、ルヴァンカップ2敗と、鳥栖に負けるわけにはいかない。
この日のスタメン平均年齢は23.91歳、鈴木国友がリーグ戦初スタメン。
曺監督も勝負をかけてきた。

しかし鳥栖は運もない。
開始1分にセンターバックの藤田が負傷退場。
小林祐三が右ウイングバック、高橋秀人がセンターバックに下がり、急遽 原、高橋祐治、高橋秀人の3バックに。センターMFに高橋義希、原川、クエンカは左MF、安は右MF、1トップに趙。藤田のケガによるシステム変更がどう出るか…

球際の競り合い、運動量、飛び出し、全ての面で湘南が上回っていた。
今の鳥栖は先制点を奪われると、極端に弱気になる。それはやはり得点が取れないから。
9試合で1点では勝てない。
トーレス、イバルボは途中出場。まだまだ本調子ではないように見えた。

試合後はブーイング。どうにかこの状況を打開したい、それはサポーターも監督も選手もフロントも一緒だ。とにかく今は顔を上げて、戦って欲しい。
くじけそうになる自分にまずは負けないで欲しい。
戦う相手は、まず自分自身。
勝とう、勝とうと余計に力んでいるように見える。
まずは、自分の良さ、味方の良さ、自分達の良さを発揮する事に集中して欲しい。
それ無くして、相手と戦う事は出来ない。
こういう厳しい状況の時こそ、全ての真価が問われる。
頑張れサガン鳥栖!
まだまだここから。
今こそサガン鳥栖魂を期待している。

1
2019/05/09投稿