FC琉球編:2015喜怒哀楽

©J's GOAL

FC琉球編:2015喜怒哀楽

2015年12月27日(日)

今季のJ's GOAL年末企画は“2015喜怒哀楽”。全52クラブの担当ライターが3つの視点から2015シーズンを振り返ります!

■2015クラブトピックス
不完全燃焼のまま終焉を迎えた薩川サッカー。フロントとの溝埋まらず
10月末に発表された薩川了洋監督の退任。
明治安田生命J3リーグは9位で終わったものの、その数字だけでは判断しきれない魅力があり、ケガや移籍などでやりくりに苦慮するも、選手たちは懸命にプレーし、成長するその姿をサポーターも感じ取っていた。田中恵太らかつての教え子を琉球に招いて基礎作りを行い、続投への意欲を示してた最中での退任発表は、現場とフロントの両輪が噛み合わない後味の悪さを残した。 来季は金鍾成(キム・ジョンソン)新監督の下で再スタートを図ることとなるが、クラブが掲げるビジョンを明確に示し、理解を得ていく努力が必要だ。

Reported by 仲本兼進

FC琉球編:2015喜怒哀楽 その他のトピックスも読む

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報

フォトコメント(件)