【秋田 vs 藤枝】チームのために走るオールラウンダー・輪笠祐士「攻守でまだまだできることがある」

2020年10月17日(土)


第19節の岩手戦から始まった5連戦は、約2週間で5試合をこなす過密日程。秋田はここまで3勝1分で上々の成績を残している。この4試合で先発フル出場を果たしているのが輪笠祐士だ。

輪笠は2つのポジションで起用された。岩手戦と第20節のYS横浜戦では左SH、第21節のセレッソ大阪U-23戦と第12節の岐阜戦(延期試合)では左SBを担当。今季の秋田では、久富賢(FWと左右SH)や加賀健一(右SB、左右CB)のようにスタメン時で複数のポジションを担当する選手がおり、輪笠もその1人としてチームのために攻守で奮闘した。

今季初めて先発出場した岩手戦(2○1)の終了後、吉田謙監督は「彼の良さであるポジショニング、攻守に渡って積極的なプレー。チームの勝利に貢献してくれた」と話している。

岐阜戦でも、吉田監督のコメントを裏付けるようなプレーがあった。開始11分、齋藤恵太と田中直基がカウンターで長い距離走り敵陣に侵入する。相手に弾かれたボールをペナルティエリア手前で拾ったのが、左SBのポジションから駆け上がってきた輪笠だった。そのまま放ったシュートはバーを越えたが、セカンドボールを予測してのポジショニングと積極性を発揮した。

さらに光ったのは輪笠の走力だ。画面越しではあるが、岐阜戦の終了後の輪笠を見て、まだまだ走れるのではないかという印象を受けた。そのことについて「試合後キツい感じはなく、まだまだ走れる感じ。もっともっとボールを奪いたいし、攻撃面でも起点になりたいと思ってプレーしています」と振り返る。

大学卒業後の2年間は福島の中心選手として主に左右のSBでプレーし、今シーズン秋田に加入。しかし輪笠にとって秋田での1年目は忍耐が求められる日々だった。クラブは5月、輪笠の両足前距腓靭帯損傷を発表。昨年から痛めていたという足の根治を目指してリハビリに励み、第9節の熊本戦からメンバー入りを果たす。そこから少しずつ出場時間を増やし第19節のスタメン出場に至っている。

輪笠は秋田加入当時、ボランチでのプレーを希望すると明言していた。輪笠によると、吉田監督もボランチでの起用を見込んでいた。だが怪我の影響で開幕後もチームを外から眺める状況が続いた。チームは開幕戦に勝利し、勢いに乗って9連勝を達成。Jリーグの舞台でボランチを未経験の輪笠がポジション争いに食い込むのは難しい状況になっていった。新型コロナウイルスの影響による過密日程で練習試合を組めず、チームとして試行錯誤する時間がほとんどないことも要因に挙げられるだろう。

怪我で出遅れて焦りもあったと輪笠。しかし「今年は割り切ってやる」と現状をポジティブに捉えている。吉田監督も輪笠の心情を察して言葉を掛けており、そのことで輪笠のモチベーションはむしろ高まっているという。

高校時代はトップ下やSHなど攻撃的なポジションを務め、大学時代はボランチでプレーして守備の楽しさを見出した。福島では左右のSBで活躍した。すべての経験を自らの糧としてきた輪笠は「試合に出られているのはありがたいし、周りの人に感謝している。ユーティリティさは自分の売りの1つ。まだ探り探りの部分があるので、慣れればもっともっとプラスの変化を出していける」とし、オールラウンダーとして与えられたポジションで全力を尽くす姿勢を貫く。


文:竹内松裕(秋田担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
10月18日(日)13:00KO ソユスタ
ブラウブリッツ秋田 vs 藤枝MYFC
ソユースタジアム(ブラウブリッツ秋田)
みんなの総合評価 (3.8)
臨場感 (3.3)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.1)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報