【長野 vs 八戸】藤森亮志 地元のクラブで活躍することの意味

2020年10月17日(土)


今年の長野は世代交代が進んだこともあり、坪川潤之や吉田伊吹、牧野寛太ら新卒ルーキーが序盤から奮闘してきた。そのような中で、同じく新人の藤森亮志もチャンスを掴みつつある。

ドリブル突破と左足キックを特長とするだけでなく、ロングスローという一芸も備える攻撃的MFだ。しばらくは厳しいチーム内競争もあり出場機会を得ることはできなかったが、第13節の今治戦でプロデビューすると、第17節の讃岐戦と第20節の熊本戦で先発出場を果たした。

同期が早い時期から活躍していることには刺激を受けており、試合に出たい気持ちが強まるのも必然。それでも焦れて、気持ちを切らすことはなかった。普段の練習から監督やコーチに熱のこもった指導を受けたことで、着実に自身がレベルアップしていることを実感していたからだ。「その結果として、こうして試合出場やメンバー入りのチャンスを掴めてきているのかなと思います。その意味では試合に絡めていない期間も充実したものでした」と振り返る。

大一番の熊本戦で先発起用されたのは、その日々の努力を監督が認めた証だろう。J2昇格を争うライバルとの直接対決とあって、「緊張もありましたが、チームの勝利のために何をすべきかは分かっていました」。前半かぎりでの交代にはなったが、自分の持てる力を出し切って、チームの勝利にも貢献した。
長野県出身の藤森にとっては、地元の長野に所属して、活躍することの意味は大きい。「自分のことを小さい頃から知っている人から、『応援しているよ』という声を聴きます。その意味でもっとパルセイロで活躍して、チームの名前を広めていきたいです」と意気込みは十分。これからはゴールやアシストなど目に見える結果を残すことを目標に、さらなる努力を重ねていく。


文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
10月18日(日)13:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs ヴァンラーレ八戸
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報