【明治安田J1 第22節】首位の川崎フロンターレが今季2度目の10連勝を達成!セレッソ大阪は土壇場で勝点3をもぎ取る

2020年10月14日(水)

 

鳥栖 0-2 鹿島|駅前不動産スタジアム

鹿島は12分にゴール前のこぼれ球を白崎凌兵が押し込んで先制に成功。鳥栖の決定機はGK沖悠哉の好守でしのぐと、86分には犬飼智也が白星を大きく引き寄せる追加点をマーク。鹿島が2連勝を果たした一方、鳥栖は4連敗となりました。

仙台 0-0 横浜FC|ユアテックスタジアム仙台

横浜FCがシュート数で9-2と仙台を大きく上回るも、最後まで決め手を欠いてスコアレス。横浜FCはアウェイで勝点1を得るも3試合未勝利となり、仙台は今季ホーム初勝利がまたもお預けとなる痛み分けに終わりました。

1-1 浦和|三協フロンテア柏スタジアム

41分、江坂任が巧みなドリブルから2試合連続ゴールを決めた柏が先制して前半を終了。追う浦和は59分に汰木康也のシュートコース上にいた興梠慎三が肩で押し込んで同点弾。しかし、決勝点は生まれず勝点1を分け合いました。

FC東京 3-1 清水|味の素スタジアム

FC東京が22分の田川亨介と55分の永井謙佑のゴールで2点をリード。清水は79分にジュニオール ドゥトラのゴールで1点を返すも、FC東京は90+2分にアダイウトンがダメ押し点を奪い、暫定2位をキープしました。清水は痛恨の5連敗となりました。

G大阪 1-1 横浜FM|パナソニック スタジアム 吹田

26分、横浜FMはショートカウンターからゴールに迫り、最後はこぼれ球がキム ヨングォンに当たるオウンゴールで先制。5連勝中のG大阪は45+1分に宇佐美貴史が自ら得たPKを落ち着いて決めて同点弾。しかし、後半にスコアは動かず引き分けに終わりました。

神戸 1-1 大分|ノエビアスタジアム神戸

神戸は6分に小川慶治朗のアーリークロスを藤本憲明が巧みなヘディングシュートで決めて幸先よく先制。しかし、粘る大分は、86分に攻撃参加した岩田智輝の折り返しがオウンゴールを誘い、アウェイで貴重な勝点1を手にしました。

広島 0-2 川崎F|エディオンスタジアム広島

首位の川崎Fは56分に登里享平の正確なクロスをレアンドロ ダミアン(写真)が頭で押し込んで先制すると、途中出場の三笘薫が90+5分に追加点を決めて今季2度目の10連勝を達成。広島は森島司のシュートがバーを直撃するなど反撃は実りませんでした。

名古屋 3-0 札幌|パロマ瑞穂スタジアム

10分に山﨑凌吾のゴールで先制した名古屋は、44分にマテウスが2試合連続得点となる直接FKで追加点を奪取。さらに79分には稲垣祥が狙い澄ました一撃で3点目を挙げ、今季2度目の3連勝を飾りました。札幌は3試合ぶりの黒星となりました。

C大阪 1-0 湘南|ヤンマースタジアム長居

両チーム無得点で迎えた90+2分、C大阪は丸橋祐介の左CKからマーカーに競り勝ったマテイ ヨニッチが頭で押し込んで劇的な決勝点。C大阪が3試合ぶりとなる勝点3をもぎ取りました。湘南は最後まで粘るも力尽き、6連敗を喫しました。

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集