【岩手 vs 沼津】強みを結果につなげた色摩雄貴。仕掛けとスプリントで違いをもたらす

2020年10月10日(土)


前節の讃岐戦でプロ初ゴールを記録した色摩雄貴。1点ビハインドの中、途中出場でシャドーの位置に入ると、終盤、左ハーフスペースで縦パスを引き出す。ターンから縦に仕掛けたところを相手DFに倒されPKを獲得。これを自らゴール左へ決めて岩手に勝点1をもたらした。

大卒ルーキーの色摩はこれが今季10試合目の出場。そのほとんどが途中出場だが、スピードと仕掛けという特長がようやく結果として実った試合となった。「監督からも仕掛けの部分は練習から言われていたし、自分の持ち味なのでそれを出すことと、結果を出すことは意識していました」と讃岐戦を振り返る。結果的には流れの中での得点とはならなかったが、仕掛けが得点につながったという事実はチームにもたらす影響も大きいのではないか。

岩手は守備が安定しつつあり、改善傾向にある。一方でシュート数、ゴール数が課題となっているが、決定力だけでなく、ポゼッションからの崩しの乏しさもそれに影響している印象だ。特に仕掛けの意識やスプリントの質・量を上げることの重要性は高い。カウンターでもポゼッションでも自分たちからアクションを起こすことで相手に選択を強要し、スペースを能動的につくることでゴールへの道筋がみえてくる。現在のチームに足りないそれらのファクターが色摩のストロングと完全に一致しているだけに期待感も大きい。「チームとしてそこが足りないことは共有しています。まずは自分が率先してみせていきたいし、それが自分の求められている部分なのでもっと出していきたいです」と自覚は十分だ。「暑さでキレが落ちてしまっていた」夏場を越え、コンディションも上がってきているという色摩。ジョーカーとして流れを変え、決定的な仕事ができるか。強気に、そしてアグレッシブに。自らのアイデンティティをピッチに刻む。


文:高橋拓磨<cross Line>(岩手担当)


明治安田生命J3リーグ 第21節
10月11日(日)13:00KO 北上
いわてグルージャ盛岡 vs アスルクラロ沼津
北上総合運動公園北上陸上競技場(いわてグルージャ盛岡)
みんなの総合評価 (2.7)
臨場感 (3.0)
アクセス (1.7)
イベント充実 (2.0)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集