【徳島 vs 金沢】「ゴールなんて待っていれば来る」(垣田裕暉)。

2020年9月11日(金)


FWとしてキャッチーなコメントだが、その言葉の真意は「チームのために働いていればチャンスは来ると思っています。それを決められれば」と垣田の頭の中には『For the team』の精神しか無さそうだ。

ここまでチーム最多の7得点を挙げ、アシストも4得点。また、数字以上の貢献度があり、3位という好順位に着ける徳島を最前線でけん引している。そして、取材を重ねる毎に清々しい人間性も見えてくる。過去のシーズンベストは9得点。今季の二桁得点は時間の問題だろうと周囲は騒ぐ。しかしながら、本人は意外にも無頓着である。「最近は点を取ってないので取りたい思いはありますが、チームが勝てているので気にしていません」。欲がないと言えるのか、逆にチームの勝利を優先順位に置けば自分にはそれ以上のご褒美が巡ってくることを理解している貪欲さなのか。その真相は定かでないが、とにかく垣田はサッカーを楽しめている。

今節は3シーズンお世話になった金沢との古巣戦。この5連戦は先発で出ずっぱりだが「特に一緒にやっていた選手との対戦は楽しみ」と疲労よりも楽しみが上回る。マッチアップしそうな選手を浮かべながら「CBだと石尾、ひろくん(廣井)、さくくん(作田)であり。一緒にやっていた選手と同じピッチで戦うのは楽しみ」。また、その中でも全試合フルタイム出場している20歳の石尾崚雅について記者陣から質問が出ると「可愛がっていたので、負けたくないっすね」とニヤリと笑みを浮かべ、先輩らしく「“まだまだ負けないぞ”という所を見せてやりたいっすね」と続けた。

そして、忘れてはならないのが柳下正明監督。

「動き出し、シュート、守備など。いろいろな面でサッカー選手として基準となるものを教えてもらいました。そこを試合でも見せたいですし、負けたくありません。前線の選手が走って、守備をして、裏に走る必要のあるサッカーをしていました。昔から自分のスタイルでもありましたが、さらに成長させてもらいました。厳しく指導してもらい、成長できた、充実した3年間でした。(柳下監督は)世間一般では厳しいイメージがあるかもしれませんが、俺たちのことをよく観てくれていて、若い選手をどんどん育ててくれます。自分もまだまだだったのに、試合でいっぱい経験を積ませてもらったり、駄目な部分は何回も言ってくれて直してもらって。厳しさの中に良くしてくれようとしているのを自分自身で感じていました。なので、怒られても全然腐らずにできていたと思います」。

金沢に感謝を込めながら、今節の意気込みを語った。


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
9月12日(土)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ツエーゲン金沢
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報