【徳島 vs 岡山】ピッチで舞う、西谷和希。

2020年8月18日(火)


今季、徳島に加入した西谷和希。

能力の高さは加入前から折り紙つきではあったが、いざリーグ戦が進むと存在感の大きさが際立つ。そして、何より元気だ! 連戦であれ何であれ、走力がまったく衰えない。前回の3連戦はフルタイム出場、この5連戦もほぼ変わらないペースで来ている。それでいてドリブル力もプレッシングもまったく緩むことがない。

特別な回復方法があるのか。その問いには、こう答える。

「メンタル面。サッカーに対するやる気というか、飢えというか。そういうモチベーションで自分を持っていくことで、サッカーをやっているときは疲れはあまり感じずにできる。サッカーが楽しい。それが疲労を忘れさせてくれ、足を動かしてくれる一番の原動力かな」。

“気持ちだけ!?”とも取れるコメントではあるが、同じ人間。そんなはずはない。やはり、見えない所での努力と調整があってこそ。リカルド・ロドリゲス監督も「フィジカル的に強い物を持っていて、連戦でもあれだけのプレーと活躍をしてくれる。それは、皆さんに観てもらった通り。体調管理、食生活もしっかりしてくれていると聞いている」とピッチ外での努力も評価している。

また、『四国ダービー』の際は髪の毛をクラブカラーの青色に染めて意気込みを表現してくれたが、プレー以外でも我々を楽しませてくれるいい男。そんな西谷には、ゴールパフォーマンスで『阿波踊り』なんかも期待したくなる。

今年は感染症対策の観点から開催中止となった『阿波踊り』。400年以上の歴史があると言われる伝統行事だが、開催中止は記者も徳島県民として寂しかった。代わりと言ってはなんだが、西谷には「ゴールパフォーマンスで踊ってよ」とわがままを言ってみた。その無茶ぶりにも少し照れながら「ホームだと踊ろうかな(笑)。まだ踊れないので、練習しておきます」と大人の対応で合わせてくれたが、本当にやってくれたら嬉しいね。

『踊る阿呆ぉ~に見る阿呆ぉ~♪、同じ阿呆なら、踊らにゃ損々♪』。


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第13節
8月19日(水)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs ファジアーノ岡山
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集