【磐田 vs 千葉】志村滉の転機になった愛媛戦での活躍。チャンスを掴めた“準備”への意識とは?

2020年8月15日(土)


志村滉にとって転機となったのは、明治安田生命J2リーグ第9節愛媛戦。「連戦の時に疲れを考慮してローテーションするようにもしている。そういう意味で志村に出場してもらった」と琉球、愛媛と続いた長距離移動を伴うアウェイの連戦中にフェルナンド フベロ監督からチャンスを与えられた。実際に初先発を飾った試合では、前半に2度のビッグセーブでチームを救う活躍を見せ、そのセービングができたことから「前半無失点で終われたことと自分で納得いくセーブが2回あったことは、すごく大きな自信になった」と語っている。その後はGKの序列も変化が生まれ、松本戦、大宮戦と3試合連続でゴールマウスを任されていることからも愛媛戦で与えられたチャンスをものできたことを証明している。

「毎年覚悟はありますが、今年を考えたときにより強い思いがあった」と大きな覚悟を抱きながらプロ6年目を迎えたが、練習試合などの出場タイミングを踏まえても4番手の序列だと伺える苦しい時期も過ごしてきた。それでも「序列を気にしてないことはないけど、そこはあまり気にせずにチームキーパーとしてキーパー4人で1つになって戦っていく。万が一出番が来てもいいように、良い準備をできるように毎日トレーニングをしていました」と来たるチャンスに備えて”準備”は怠ってこなかった。特にフィールドプレイヤーと比較したときに過密日程の影響が少ないGKというポジションの性質上、序列の変化が起きづらいポジションでもある。それだけに出番を与えられたときにそのアピールの場を生かすための”準備”は本人も欠かさずに取り組んできた部分だ。

特に今年に限らず、長年意識しているのは、「常に練習から試合をできるだけイメージしておけば、いざ試合になっても慌てることなく、パフォーマンスが発揮できる」という部分。例えばフェルナンド フベロ監督就任後は、GKにも素早い攻守の切り替えは求められている部分で、「『(ボールを)取ったら前を見ろ』というような指示は多い」と話しているが、練習でもキャッチングから素早く前線へフィードし、攻撃の起点にもなるようなフィードを積極的にトライしている姿も何度も目にしてきた。それでも松本戦のパフォーマンスを振り返った際には、「何回か前にフィードする機会があったんですが、自分の納得いくようなフィードはできなかった。もっと練習からイメージしてフォワードの選手ともイメージを共有していきたい。ただチャレンジしていくだけではなく、それが本当の決定機に繋がるような武器になるようにしていきたい」と修正点も話していただけに、今後に向けた伸び代として期待がもてる部分だ。もちろんGKとして6試合ぶりの無失点が最大の目標となる千葉戦だが、攻撃の起点になるフィードにも注目してもらいたい。


文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
8月16日(日)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs ジェフユナイテッド千葉
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報