【群馬 vs 琉球】群馬MF田中稔也 今季全11試合に先発出場、チームトップタイの2ゴール。チームを背負う覚悟

2020年8月15日(土)


今季、全11試合すべてに先発出場、左右MFとして攻守に走り回 っている。前節長崎戦では、チームは1対3で敗れたものの86分に左クロスを渾身のヘッドで合わせて、 執念の一撃を相手ゴールに叩き込んだ。

群馬県出身。22歳の若きドリブラー。 鹿島ユースから鹿島トップチームへ昇格し、キャリアアップ。J1鹿島には3年間在籍したが、分厚い選手層に阻まれてJリーグ出場はわずか4試合に留まった。2019年、活躍の場を当時J3だった群馬へ移した。

昨季はJ3で26試合に出場、3ゴールを決めた。特筆すべきは、3ゴールがすべてアディショナルタイム弾だったこと。彼の3ゴールがなければチームはJ2へ昇格できなかった可能性が 高い。田中は、バイタルの勝負強さでJ2昇格に貢献。今季は、自身にとって初のJ2となったが、試合ごとに経験を積み、着実に成長を遂げている。

長崎戦の得点は、5節山形戦のJ2初ゴールに続く今季2点目。群馬では、進昂平と並び、チームトップ。2勝9敗で結果は出ていないが、チームを背負う覚悟が生まれている。今季、群馬はホーム6戦未勝利。サポーターは、ホームでの勝利を待つ。

「厳しい状況ですけど、前を向いてやるしかない。ここから巻き返したい。ホームで勝てないのは、改善しなければいけないし、サポーターにホームで勝利を届けたいと思う」

田中は、そのドリブルでチームの未来を切り開く。


文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
8月16日(日)19:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs FC琉球
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.4)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.3)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報