【北九州 vs 町田】好調チームを支えるGK永井堅梧のビッグセーブ連発の秘訣とは?

2020年8月14日(金)


前節の金沢戦の前半、前節・群馬戦の先発から8人を入れ替えた北九州は試合の主導権をなかなか握れず、ピンチの連続。その中で完全に最終ラインを破られて相手選手がGKとの1対1の状況でシュートを打つという、北九州にとって大ピンチの場面で永井堅梧が好セーブ。そうやってピンチを切り抜けた直後に池元友樹の今季初ゴールで先制に成功した。ピンチを救って試合の流れを変える。こういう仕事を繰り返し、現在5連勝中、暫定3位につけるチームの好調を支える永井に、ビッグセーブ連発の秘訣を聞いた。

「シチュエーションが起こるイメージを自分の中でつくっておいて、その準備を常にしています。それから自分の間合いやフィールドに持っていくところがうまくいっているように思います。キーパーなのでピンチを防ぐことが仕事、うまく貢献できているのかなと思います」

自分の間合いに持っていくとは、どういうことなのか。

「あまり言いたくないのですが(笑)、自分が取れる範囲に持っていくということ。そのための相手との駆け引きがうまくできているのかな、と。金沢戦の二つ目のシュート阻止は、最後まで相手の動きを見て先に動かないように我慢したというところはこだわっていて、結果、左足で止められたんです」

ビッグセーブ連発は、勢いや波に乗るとか、そういう心理作用も影響しているのだろうか。

「僕の場合は一喜一憂しないようにしています。試合の中でのワンプレーもそうですし、試合全体としての出来についても同じ。前のプレー、前の試合のことは一旦忘れて次に来るプレーと試合にすべてを出せるように努めています」

イメージと準備、駆け引きと我慢。そして、ただ次のプレー、次の試合に気持ちを向け、集中すること。これが永井のビッグセーブ連発の秘訣、理由であるようだ。


文:島田徹(北九州担当)


明治安田生命J2リーグ 第12節
8月15日(土)19:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs FC町田ゼルビア
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.9)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報