【広島 vs 湘南】J初得点へ。東俊希は突き進む

2020年8月8日(土)


本当にあと少しのところまで迫っている。

先発出場した前節の横浜FC戦は、相手GKの虚を突いたロングシュートがクロスバーを直撃するシーンもあった。果敢にゴールへ向かった背番号24は押し込めばゴールネットを揺らせるチャンスも迎えたが、本当にあと少しのところで東俊希はJ初得点を決められないでいる。

「あと少しのところまで行けているとも言えるし、決め切れていないとも言える」。城福浩監督は苦笑いを浮かべていたが、「彼の中でも突き抜けたいという想いがあると思う。中盤でもっと安定したプレーをしてほしいということも要求していますけど、ピッチに立てば思い切って今の自分の持っているものをすべて出すことに集中してほしい」と、20歳になったばかりの若者の背中を押している。

「早く決めろって思いますよ。前回もあれだけチャンスがあったんだから」。広島ユースの先輩の大迫敬介も笑いながらエールを送っている。

「チャンスが来るとこにいれていることはポジティブなことだけど、もっと泥臭さが出てくればいいと思いますね。アイツのシュートは受けていても嫌。いいシュートを持ってるんですけど、練習みたいに自分の思い通りのシチュエーションはなかなかない。相手がいる中でも決めれるようにしてほしいですね」

湘南戦に挑む東は血気盛んという表現がピッタリだ。

「自分の良さは前向きなプレーなんで、ミスを恐れずどんどんチャレンジしていきたい。最初にアグレッシブにプレーできれば試合を通していいプレーできていると感じているんで、最初からアグレッシブに行きたいと思います」

間違いなく、東はゴールへ向かって突き進む姿を見せてくれる。得点を奪う姿を見せてくれる日も、きっと間もなく訪れる。


文:寺田弘幸(広島担当)


明治安田生命J1リーグ 第9節
8月9日(日)18:00KO Eスタ
サンフレッチェ広島 vs 湘南ベルマーレ
エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.6)
アクセス (2.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報