【長野 vs 鹿児島】佐野翼 チームが羽ばたくためにゴールを

2020年8月8日(土)


「アズくんのシュートが枠に飛んでいたので、絶対に跳ね返ってくると思ってゴール前に飛び込んだ。ちょうどいいこぼれ球が来たので頭でいきました」
横山雄次監督から「ゴールを取ってこい」と発破をかけられ、後半途中から出場した前節のG大阪U-23戦で、佐野翼が2試合連続となる得点を決めたのは76分のこと。CKからのこぼれ球に反応した東浩史の強烈なミドルシュートは相手GKにはじかれたものの、そのボールをダイビングヘッドで押し込んだ。ホーム初得点が決まった瞬間、喜びを爆発させた。

昨年は熊本のメンバーとして、長野Uスタジアムでもプレーしている。「Uスタでの試合は昨年が初めてだったが、すごくいいスタジアム。長野サポーターの皆さんも一つになっていて、対戦相手の立場としてもモチベーションの上がるスタジアムでした」とサッカー専用スタジアムでもあるUスタと、長野サポーターの方々には好印象を持っていた。だからこそ「早く長野サポーターの前で結果を出して、認めてもらいたいです」と開幕前から強い決意をのぞかせていた。
しかし新型コロナウイルスの広まりにより、明治安田J3は予定よりも大きく遅れてのスタートに。「チームが始動してから実りあるキャンプを過ごせて、いい状態で(開幕を)迎えられると思っていたら、このような状況になってしまいました」。自粛によりチーム練習すらできない時期もあり、まったく先行きの見えない日々が続いた。だからこそ、こうしてサッカーができている喜びは、いつも以上に強いだろう。

全員攻撃・全員守備がチームカラーの長野だが、その中でもよりゴールを求められるのがFWだ。この先も球際では激しく、相手よりも多く走るというコンセプトは遵守した上で結果を出し続けて、チームが羽ばたくための『翼』となる。


文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
8月9日(日)18:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs 鹿児島ユナイテッドFC
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.6)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.7)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報