【福島 vs 讃岐】クロスで、シュートで、ゴールに絡む左SB吉田朋恭

2020年8月8日(土)


昨季は福島の左SBと言えば相模原に移籍した星広太だったが、今季は大卒ルーキーがレギュラーに定着し、新たな輝きを見せている。

今季産業能率大から加入し、開幕以来左SBのレギュラーとして活躍している吉田朋恭。開幕戦ではコーナーキックのチャンスからヘディングシュートを決めて、勝利に大きく貢献。最近では左サイドを突破してのクロスボールも武器となっており、第6節富山戦ではクロスを相手守備陣がクリアし切れなかったこぼれ球を池田昌生が拾ってゴール、第7節YS横浜戦でも吉田の左サイドからのクロスがイスマイラのゴールのアシストとなった。

クロスボールを入れる時にどんなことを意識しているのか。「GKとDFの間に速いボールを上げることを意識しています。サイドハーフの奥まで見えるので、カカ(イスマイラ)がタイミング良く入ってくれば合わせますし、抜けたとしても奥に選手がいるイメージで上げています」。しっかりとゴール前、そして逆サイドを見て、鋭く速いボールを味方の選手に合わせようとし続けたことが、ゴールに絡み続けられている一番の要因だ。

もっとゴールに絡んでいくために「これを1試合通じてやり続けて相手に脅威を与えたり、YS横浜戦のようにゴール前にワンツーで入った時シュートで終われたりできれば、さらに怖い選手になれると思います」ともっと徹底してクロスで攻めて、時には中へ切れ込んでのシュートも織り交ぜることができれば、相手にとっての脅威はさらに増すはずだ。

福島は開幕戦で勝利したものの、その後勝利を挙げることができていない。「ここで一つ勝つことでアウェイ戦に良い流れをつないでいけますので、悪い流れを断ち切って勝点3を取りに行きたいと思います」と意気込む吉田。クロスやシュートで積極的にゴールに絡み、チームを勝利へ導くために、吉田は左サイドを疾走する。    


文:小林健志(福島担当)


明治安田生命J3リーグ 第9節
8月9日(日)15:00KO とうスタ
福島ユナイテッドFC vs カマタマーレ讃岐
とうほう・みんなのスタジアム(福島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.9)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報