【徳島 vs 長崎】バランスの取れた選手、田向泰輝

2020年8月7日(金)


ここまで7試合に出場し、右利きながら3バックの左を担うユーティリティーさ。また、前節・山形戦(1○0)は基本布陣とは異なるシステムで臨んだが、左SBを務めながら、ときには偽SB、ときにはオーバーラップとインナーラップを使い分ける多彩なプレーを披露。

もはや左利きと言われても違和感ないくらいに安定してきたように見えるが「自分の中では前から違和感はないっすよ(笑)」とのこと。いずれにせよ、左サイドでのポジションが増えていく中で「よりゲームの中で良さを出せるようになってきました。昨年は持ち運びのときに右足を使う機会が多かったですけど、今年はもう少しオープンな状態で持ちたいと思っています」と新しい目的意識も持った。その挑戦を繰り返しながら「左も少しずつ感覚が良くなってきて、プレーの幅が広がってきた実感はあります」と手応えを掴み始めている。

お察しの通り、課題や目的意識を持って改善できる人間性が田向の素晴らしさ。それに加え、試合の向き合い方にも学ぶべきものがある。

「僕はどの試合でも、ひたすら相手を持ち上げて入るタイプです」

なかなか興味深い表現。その心は自分たちの準備を怠らないようにするためでもあるそう。今節についても「ピッチの中で感じるプレッシャーの強度、攻撃時の迫力。それは自分たちがイメージしている以上に強烈なものなんじゃないかなと覚悟を持って映像を観ていました。どのチームもそこをイメージできずにやられているのかなと想像できるので気をつけています」と無敗で首位を走る長崎を要警戒する。

しかし、相手を持ち上げるタイプでありながらも、記者側から「長崎はボチボチ黒星がついてもいい頃合いなのでは?」と振ってみると「そうですね。“それをするのが、うちでしょ!”という気持ちです。やるしかないっすね!」と乗っかってくれる側面もあったりして。あらためてバランスの取れた選手だと感じさせる問答だった。

※V・長崎の皆さまも徳島入りしてからの調整が難しかったと思いますが、お待ちいただきありがとうございます。好ゲーム期待します。


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第10節
8月8日(土)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs V・ファーレン長崎
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集