【徳島 vs 山口】終始美しかった渡井理己。

2020年7月14日(火)


徳島でプロ3年目を迎え、今季から10番を背負う渡井理己。

昨季、終盤に向かうに連れて調子を上げた徳島。J1参入プレーオフ決定戦まで駒を進めた背景には、渡井の活躍が大きかったことは言うまでもない。

プレシーズンは昨季終盤に追った怪我の影響から別メニュー。残念ながら開幕戦はベンチ外となったが、中断期間も調整を続けて完全合流に至った。リーグ戦再開直前の囲み取材でリカルドロドリゲス監督は「彼の良さは既に皆さんご存知だと思う。怪我の影響で最初は別メニューだったが、いまはコンディションが上がってきた。今後どうなるのかは、ご覧いただきたい」と言葉にしていたが、前節・琉球戦(3○1)は切り札としてチームを救う。

琉球戦を振り返ると、組織としては未完成な部分が多く、試合展開は苦戦を強いられた。しかしながら、その中でも勝点に結び付けられるかどうかという重要なポイントで「後半から途中出場して得点かアシストで違いをみせたかった。今回は得点という形につながり、チームを助けることができて良かった」(渡井)と十分すぎる活躍で勝利に導いた。

また、以前に「僕は言葉で影響を与えられるタイプではありませんが、結果を残してプレーで示すことのできる選手になりたい」と話してくれたことがあったが、琉球戦では徳島を代表して言葉でも響くメッセージを残した。リーグ戦再開後、初の有観客ということも背景にあったのだろう。プレーもさることながら、振る舞いも美しかった。

「こうやってサッカーができたり、色んな方がスタジアムに来られるようになったのは、僕たち選手やサッカー関係者だけが協力して実現できたものではありません。本当に多くの方が協力してくださって、いま僕たちがサッカーをできていると思います。そういう部分を僕たちはピッチで表現しなければいけません。勝利もそうですが、一生懸命プレーして、サッカーという競技を通して、徳島県もそうですし、全国を再び活気ある姿に戻せるようにみんなで頑張っていきたいです」。

リーグ戦再開後、今節はホームで初の有観客。尽力してくれたすべての方々に感謝!


文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第5節
7月15日(水)19:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs レノファ山口FC
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.6)
アクセス (3.2)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集