J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【広島 vs 大分】凄味を感じる紫の10番・森島司

2020年7月7日(火)


今年から紫の10番を背負う森島司から凄味を感じるようになってきた。

昨シーズンにシャドーのポジションをつかみ取ると、リーグ戦24試合に出場して3得点8アシストを記録。12月には日本代表にも初選出される飛躍を経て、今シーズンはさらに高く羽ばたいていきそうだ。

開幕戦で鹿島にとどめを刺す3得点目を奪取してスタートを切ったMFは、4カ月が経って臨んだ4日の神戸戦でも存在感は絶大だった。プレスキックで先制点をお膳立てして目に見える結果を残したところもさすがだが、自信が滲み出ているようなプレー姿に一層の頼もしさを覚えた。

相手守備陣のギャップを突いて攻撃の中継点になったかと思えば、ディフェンスラインの背後を狙ってスプリントを繰り返す。守備にも労を惜しまない姿に、城福浩監督も「非常にハードワークして、とてもチームを助けてくれている」と頷いていた。

後方から見守る先輩たちも大きな信頼を寄せている。佐々木翔は「技術が高くて自分の間合いを持っているんで、スペースがあれば何でもできるような選手になってきている」と称え、川辺駿も「もうチームの中心選手の一人。時間とスペースを与えれば仕事をしてくれる」と語る。

左サイドで絶妙な連係を構築してきた柏好文が離脱したことは痛い。これまで柏が森島の良さをうまく引き出してくれていたが、今度は森島が引っ張って浅野雄也や藤井智也の良さを引き出してくれるだろう。

佐々木は「アイツに活躍してもらわないと僕らが困る」とも話していた。紫の10番はそういう存在になってきている。

文:寺田弘幸(広島担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
7月8日(水)19:00KO Eスタ
サンフレッチェ広島 vs 大分トリニータ
エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.6)
アクセス (2.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.0)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報