J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【鹿島 vs 札幌】遠藤康が、いまいちばん優先していること

2020年7月7日(火)


「結果のままですね」
再開初戦の川崎F戦を遠藤康はそう振り返った。開始2分、セットプレーの流れから谷口彰悟に先制点を許した場面は、オフサイドにも見えたが審判の旗は揚がらなかった。自らは1点ビハインドの67分にピッチに立ち、少なく見積もっても3本の決定的なパスを前線の選手に通しビッグチャンスを演出した。しかし、最後まで相手のゴールネットを揺らすことはできなかった。

「それでも勝ちきれないのがいまのチームの現状」
そう言って、次の札幌戦に意識を向けた。次節は1月28日のAFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ、メルボルン・ビクトリー戦以来となるカシマスタジアムでの試合となる。宮崎キャンプで足を痛めていた遠藤はその試合を欠場したため、出場するとなれば昨年11月9日の川崎F戦以来となる。

「なにがなんでも勝ちたいですけど…」
そこでしばらく言い淀んだ。
「勝つことがいちばん大事ですけど、それに捕われちゃうと去年のサッカーになっちゃうと思う。僕は、それはいちばんやっちゃいけないことだと思うので、そういう意味ではいまはほんとに難しいですけど、まずは求められていることをしっかりやって、その上で勝つんだよという自信をチーム全体で持つことが大事だと思います」

勝利がいちばん大事であることは、いままでとなんら変わるところはない。しかし、やろうとしているサッカーはガラリと変わった。だからこそ、ザーゴ監督がやろうとするサッカーを実行して勝利を掴む。遠藤は、そのことに集中していた。

文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第3節
7月8日(水)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 北海道コンサドーレ札幌
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.8)
アウェイお楽しみ (3.4)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報