【長野 vs 沼津】広瀬健太 「全力で楽しむ」ことを意識して

2020年7月4日(土)


明治安田J3の開幕にあたり、広瀬健太は率直な思いを述べた。「サッカーができる喜びを感じています。ここまで色々な方々が動いてくれて開幕できたのだから、その思いを背負って、『全力で楽しむ』ことを意識して戦いたいと思います」。

湘南時代にはコーチとして、栃木時代には監督として。そして今年から長野で、三度、横山雄次監督の指導を受けることになった。「厳しいところは厳しいけれど、本当に選手のことを良く見てくれている」と信頼する横山監督とともに、J3の戦いへと身を投じる。
昨年限りで多くのベテランや中堅がチームを離れ、大幅に若返ったチームとしても、即戦力の広瀬へ懸ける期待は大きい。プロとしてキャリアを積んできた本人も、新加入ながらチームを引っ張る覚悟を決めている。
「今季は若い選手が多く加入しているので、個人的にも今までのような姿勢ではなく、チームを引っ張る役割も果たしていかないといけない。それが自分の今後のサッカー人生においても役に立ってくると思う」
精神面のみならず、プレー面でもかかる期待は大きい。前節の富山戦は4バックで戦ったが、横山監督は戦術オプションとして3バックを使うことも視野に入れている。もちろん広瀬にも異存はない。
「対戦相手に合わせてヨコさんがフォーメーションを組んでくれると思いますが、全く問題ありません。新潟での2年間は4バックでやってきましたし、湘南や栃木では3バックの中央や右でプレーしてきたので違和感はないです」

リモートマッチとはいえ、多くの注目が集まるホーム開幕戦だ。「本当に長い間、開幕を待ってもらいました。だからこそ自分たちは、サッカーの持つ力で街を盛り上げていきたいです。テレビやモニターの前で応援してもらえたら嬉しいです」。長野サポーターからの声援が届くのを、Uスタのピッチ上で待つ。

文:吉田義生(長野担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
7月5日(日)17:00KO 長野U
AC長野パルセイロ vs アスルクラロ沼津
長野Uスタジアム(AC長野パルセイロ)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報