【鳥取 vs 岐阜】「自分の力を出し続ける」出場機会とチームの勝利を目指すMFハモン

2020年7月4日(土)


アウェイでセレッソ大阪U-23と対戦した開幕戦。MFハモンに出場機会が訪れたのは、0-0で迎えた87分だった。

すぐさま相手ゴールに迫り、右足でシュートを放ってCKを獲得する。ここでも自らキッカーを務め、正確なボールをニアサイドへ。FW田口裕也がヘッドで合わせ、88分の劇的な決勝ゴールで鳥取は勝点3を獲得した。

「CKやFK、エリア内でゴールに迫るプレーが自分の良さ。それを発揮して勝点3を取ることができて、うれしかった」と勝利を振り返った。昨季途中にブラジルのフルミネンセからFC琉球に加入し、今季は鳥取に期限付き移籍。「ガイナーレには違いを生み出せる選手がいるので、最後には得点できると信じていた」という思いを、自らのアシストで形にした。

チームの勝利は喜ばしいが、個人としては、より多くの出場時間が欲しい。そのためにやるべきことは「いままで通り、やるべきことを最大限やって、自分の持っている力を出し続ける。そうすれば髙木理己監督にも見てもらえると思う」と自覚している。

「何より成長していけば、出場機会は増えるはず。チャンスを与えられたときに、結果を出せるように努力したい」

岐阜を迎えて連勝を狙う今季初のホームゲーム。まだ21歳の若きアタッカーは、出場機会とチームの勝利を目指し、さらなるレベルアップを期している。


文:石倉利英(鳥取担当)


明治安田生命J3リーグ 第2節
7月5日(日)19:00KO Axis
ガイナーレ鳥取 vs FC岐阜
Axisバードスタジアム(ガイナーレ鳥取)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.4)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報