J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【愛媛 vs 松本】西田剛が今季個人目標「2ゴール」と掲げたワケ

2020年2月22日(土)


今季、プロ12年目のシーズン開幕を迎える西田剛の表情がこれまでになく明るい。

「サッカーできているだけで、いまは楽しいと思えるくらい」

そう話すのも無理はない。自身、今季はチーム始動から概ね順調な仕上がりを見せていることに加え、このプレシーズンはケガの不安にかられることなく、堂々と勝負の舞台に立てているからだ。
西田は近年、常に前年に負ったケガの影響から、大事なシーズン開幕で“マイナス”からのスタートを強いられてきた。しかし今季は違う。昨季途中に長らく悩まされ続けていた目の不調を克服し、シーズン終盤にはスタメンに返り咲くまで復調。今季プレシーズンのトレーニングマッチでは自身の代名詞とも言える豪快なヘディング弾で勝利に導くなど、例年とは比べ物にならないほど順調に調整が進んでいる。

“6年ぶりの2桁ゴール”
今季の個人目標にそんな景気の良い言葉を期待していたが、西田の口から返って来た答えは意外なモノだった。

「去年が1ゴールだったから、今年は2ゴールが目標」

一瞬、冗談とも区別がつかない答えに思わず笑みをこぼしてしまうと、「ほら〜、笑うじゃないですか〜」と軽めのツッコミ。そして間髪入れず、「でも、俺にとってはデカいことですよ」と少し表情を引き締めた。
決して控えめな目標を立てたわけではない。豊かなキャリアを持ち、勢いで突っ走ってきた男もここ4年間は満足のいく数字を残せていない。それどころか、復帰に見通しがつかない長期離脱中には“引退”の二文字が頭をよぎるなど、燃える闘志は消える寸前までいった。
もがき苦しんだ挙げ句、ようやく掴んだ復活への道。どん底を知り、マイナススタートから昨季『1』までたどり着いた西田が、次の目標に『2』と掲げたことは希望のあるステップと言うべきだった。

「ここ2、3年と比べると自分自身への期待度は高い。だからこそ今季は違うんだぞ、というところを見せたい」

希望に満ちたルーキーのようなプロ12年目。まさしく、今季の西田はひと味違う。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第1節
2月23日(日)16:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 松本山雅FC
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報