【川崎F vs 鳥栖】山根視来、ルヴァンカップ清水戦を反省しつつ数字を狙う

2020年2月21日(金)


山根視来は、川崎Fの一員として上々の等々力デビューを果たした。

清水と対戦したルヴァンカップ第1節では右サイドバックとして先発フル出場。守備では1対1の対応で右サイドをカバーする一方、特徴でもある攻撃では高い位置を取り続け、清水を圧迫した。結果的に得点には関われなかったが攻守に存在感を見せていた。そんな試合を振り返る山根の言葉はどこまでも謙虚だった。

「個人的にはそんなにあまり、なんかしたという思いもないです」

攻撃には顔を出せていたが、だからこそ数字(得点かアシスト)を残したかったのだという。

「あれだけ高い位置を取らせてもらってるのであれば数字は残したかった、という思いがすごく強いので。もっと良くしないといけないかなという試合でした」

事実として山根は直接得点に関わることはなかった。ただ、山根の名誉のために書き添えておくと、得点の足がかりにはなっていた。たとえばチームの2点目の場面。清水陣内深いところにポジションを取っていた山根にパスが入り、攻撃がスタート。宮代大聖と脇坂泰斗との連携で長谷川竜也のゴールが生まれている。

その長谷川の2点目。チームにとっての3点目の場面もアシストした旗手怜央にパスを付けたのは山根で、高い位置まで押し込んで組み立てに参加していた。

攻撃について振り返る山根は、チームの2点目を引き合いに出すのだが、これも反省の言葉につなげる文脈の中のもの。

「2点目を取ったシーンなどは3人で連動しながらでしたが、ああいう形とかはもう少し作れたらいいかなとは思います」

決して悪くはないのだが、数字を残せなかったという事をもって反省してしまうところに山根の向上心を感じた。

さて、リーグ開幕戦となる今節。山根は数字を残せるだろうか。


取材・文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第1節
2月22日(土)15:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs サガン鳥栖
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.5)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報