【FUJI XEROX SUPER CUP】神戸がPK戦で競り勝って初優勝!今季初タイトルを獲得 

2020年2月8日(土)

横浜FM 3-3(PK 2-3) 神戸|埼玉スタジアム2002


試合の均衡が破られたのは27分。アンドレス イニエスタ(写真左)からの絶妙なスルーパスからドグラス(写真中央)が左足でシュートを決めて先制点。神戸の新ストライカーがいきなり期待に応えました。


1点を追う横浜FMは、36分にゴール前のこぼれ球をマルコス ジュニオール(写真)が頭で押し込んで同点弾。横浜FMが試合を振り出しに戻しました。


1-1の同点で迎えた40分、古橋亨梧(写真)が前線でのボール奪取から追加点を流し込んで、神戸が1点をリードしてハーフタイムを迎えました。


横浜FMは1点ビハインドで折り返した54分にエリキの折り返しを扇原貴宏(写真)が技ありの一撃で決めて、ふたたび同点に追い付きました。


69分、神戸はカウンターアタックでゴールに迫り、ゴール前でのルーズボールを山口蛍(写真右)が強烈に蹴り込んで勝ち越しゴールを奪取しました。


しかし、そのわずか4分後の73分、横浜FMは両サイドからの揺さぶりからエリキ(写真)が殊勲の同点ゴールを奪取。驚異的な粘りを見せて、みたび同点とし、3-3のまま勝負の行方はPK戦に委ねられました。


PK戦では神戸の2人目のイニエスタ(写真)が決めて、両チーム2人ずつ成功。しかし、3人目以降は揃って4人連続で失敗というまさかの展開に。


明暗が分かれたのは7人目。遠藤渓太のPKがバーに阻まれた先行の横浜FMに対し、神戸は山口(写真)がゴール右隅へと鋭い一撃を決めて勝負あり。


最後のキッカー、山口が横浜FMの怒涛の反撃に加え、PK戦で2本を阻止した守護神、飯倉大樹(写真右)と歓喜の抱擁。


神戸が本大会初優勝を勝ち取り、今季最初のタイトルを手中に収めました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集