【F東23 vs G大23】復帰した守護神・波多野豪。「試合にも自分にも勝ちたい」

2019年12月7日(土)


今季最終戦で、波多野豪(写真)が復帰する。2-0で勝利した11月17日のY.S.C.C横浜戦。試合開始から好セーブを連発しながら、アクシデントに見舞われた。

その前半33分、Y.S.C.C横浜に守備陣が崩され、エリア内に侵入されてしまう。だが、波多野が相手シュートをストップ。そのこぼれ球にも素早く飛び込んだ。そこで相手FWの膝が頭を直撃。その瞬間に「意識が飛んだ」というが、無意識にボールの行方を追った。ゴールに向かったボールを中村拓海が掻き出し、ことなきを得た。

その後、前半終了までプレーを続けたが、「頭がくらくらしていたので」と。ハーフタイムでベンチに退いた。脳しんとうの診断を受け、復帰プログラムに乗っ取ってリハビリを続けてようやく復帰にこぎ着けた。

最終節のG大阪U-23戦に間に合わせると、「頭を負傷して離脱していたが、最終節は大丈夫です。今季最後の試合なのでしっかりと勝って無失点でしめたい」と意気込んだ。

頭を打った恐怖は残っている。「まだ少し1対1で飛び込む場面などでは怖さはある」と言う。

しかし、その恐怖に打ち勝たなければいけない。

「それはGKとしてプレーしながら乗り越えないといけないところ」

勝って最後に笑うために、未来の青赤のゴールマウスを守る男は「試合にも自分にも勝ちたい」と力強く語った。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第34節
12月8日(日)13:00KO 駒沢
FC東京U−23 vs ガンバ大阪U−23

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報