【松本 vs 横浜FM】チケット完売の一戦を前に、頼もしき守田達弥の言葉

2019年11月22日(金)


強い決意を胸に乗り込んだ“シックスポイントゲーム”で苦杯をなめさせられた。勝てばJ1残留に近づいたはずの前節・鳥栖戦は0-1で敗れ、残留争いで一歩前進とはならなかった。
「やはり試合の入りは少し堅かった。鳥栖にも勢いがあったので、その差が出たのかなと思う」と振り返るのは、最後方からフィールドプレーヤーと共に戦っていた守田達弥だ。お互いに何としても白星の欲しい一戦だけに、どうしても慎重な試合運びになるのは当然。中盤でのボールの奪い合いが続き、流れの中から主体的に崩してという場面が少なくなれば、おのずとセットプレーやミドルシュートの価値は高まる。「こういう試合ではセットプレーのチャンスを活かせるかが大事になるけど、鳥栖はセットプレー一発で決めたのに対して、自分たちは得点に結びつけられなかったことが結果として表れたと思う」と語るように、決勝点はペナルティーエリア手前のFKから喫してしまった。

この敗戦により、自動残留圏の15位との勝点差は『5』に開いてしまった。しかしJ1は何が起こるか誰にも予想できないほどの混戦模様とあって、諦めるには早過ぎる。「残り3試合だからと計算しても、思う通りにはいかないもの。だからこそ目の前の試合を一つひとつ戦っていくだけ」と断言し、今はただ眼前の試合で勝利することのみを追求している。「今のJ1でも最も勢いのあるチームで戦術的にも洗練されている」と評価する横浜FMが相手でも、その覚悟に変わりはない。

横浜FMはリーグトップの得点力を誇るチームで、いつも以上に最終ラインの奮起が求められよう。チケットも完売となり、否応なしに緊張感は高まるが、厳しい展開になるほど松本ゴールにカギをかける守田の存在感が示せよう。「個人的にはプレッシャーなどは感じていないです。やはりゲームに入るためのメンタリティーは大事になるし、そこも含めて良い準備をしていきたい」と、守護神の言葉は頼もしかった。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J1リーグ 第32節
11月23日(土)14:00KO サンアル
松本山雅FC vs 横浜F・マリノス
サンプロ アルウィン(松本山雅FC)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集