【新潟 vs 岐阜】見えないところで戸嶋祥郎は走り続ける

2019年11月8日(金)


前方のスペースに向かって長い距離をフリーランし、大きく状況を変える。あるいは長い距離を駆け戻って、ピンチを食い止める。チーム屈指の走力を誇るMF戸嶋祥郎の、まさに真骨頂ともいえるシーンである。

それが最近、控えめな印象だ。これは、チームのサッカーのモデルチェンジが関係している。 

ルーキーの秋山裕紀とボランチを組んで、前節の栃木戦で3試合目となった。パスセンスに恵まれた秋山の特徴を生かすため、自分たちのボールになると、今のチームは秋山をアンカーに置く4-1-4-1にシフトする。このとき戸嶋はボランチの位置から2列目に上がり、守備の局面になるとボランチとしての立ち位置に戻る。このこまめな上下動があるから、さほど長い距離を走らなくなっても、「1試合の走行距離は、以前に比べてそれほど変化はない」のである。

チーム全体でボールを動かしながら前進する。秋山とボランチコンビを組むようになって、より明確になりつつある中で、爆発的な1本のランニングよりも、適切なポジションを取り続ける。その質と量が、今はより重要な意味を持つ。

「自分たちがやろうとするサッカーを機能させるために、コミュニケーションを取りながらできれば。その意味でも、裕紀自身が持ち味を発揮できるポジションにひるまず立ち続けられるよう、自分も考えてポジションを取りたいです」

前節の栃木戦では、チームとして効果的なポジションを取ることができず、狙いを表現できないままに敗戦。今季のJ1昇格が消滅した。

「大きな目標はなくなったけれど、3連勝して締めくくろうという強い思いは、みんなで共有できています。残り3試合の意味を考えながら、インテンシティを持って戦いたい」

ピッチを俯瞰(ふかん)しながら、見えないところで走り続ける。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第40節
11月9日(土)14:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs FC岐阜
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.5)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報