【札幌 vs 川崎F】田中碧、謙虚さと強気が交錯する21歳|川崎Fウォーミングアップコラム

2019年10月25日(金)


田中碧はどこまでも謙虚で、強気だった。

田中は先日行われたU-22日本代表のブラジル遠征で活躍。U-22ブラジル代表を相手に2得点を決めるなどして勝利に貢献。6月のトゥーロン国際大会での活躍などもあり、急激に注目を集めている。多少なりとも天狗になっていておかしくないが、田中は「まだ足りないものはあります」と手堅い。

具体的に何がと問うと「ゲームを読む力、コントロールする力というのはまだまだ足りないなと思いますし、やっぱりチームを勝利に導く道筋というのをよりもっと自分の中で明確に立てないといけない」と言う。これらの能力を試合で発揮した上で「それを勝利につなげる事というのはそう簡単じゃない」と述べ「そういうのはまだ足りないかなと思います」と油断はない。この件深堀りしてみたが、つまるところ何もかもが足りていないという。

そんな田中が目指す未来の選手像は「(大島)僚太くんにできることもやりたいですし、(中村)憲剛さんにできることもやりたいですし、守田(英正)くん、(下田)北斗くんができることもやりたい」というもの。そこまでできれば世界基準だが、逆に言うとこれらができるようになれば紛れもなく世界のトップ選手になれる。

先輩たちのプレーを身近に見つつ日々の練習に取り組み、先輩方の特徴あるプレースタイルを吸収する自分を思い描く。いつかそうなる可能性があると考えるからこそ「自分に期待している自分が居るのは間違いない」と力強かった。

JリーグYBCルヴァンカップは全試合に21歳以下の選手の出場が義務付けられているが、田中はこの条項がなくとも川崎Fでレギュラーを張れるだけの実力を持つ。その実力を余すところなく見せつけて川崎Fを勝利に導いてほしいところ。過去に出場した4回の決勝戦すべてで無得点で敗戦してきた川崎Fの負の歴史に終止符を打ち、新たな歴史を刻むその一助となってほしいところだ。

文:江藤高志(川崎F担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
10月26日(土)13:05KO 埼玉
北海道コンサドーレ札幌 vs 川崎フロンターレ

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集