J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【札幌 vs C大阪】札幌をファイナリストへと引き上げた背番号9。貪欲に、リーグ戦でもチームを目標へと近づけてみせる

2019年10月17日(木)


13日に行われたYBCルヴァンカップ、プライムステージ準決勝第2戦。0-0のスコアで迎えた76分に生まれた鈴木武蔵(写真左)の得点はあまりにも強烈であり、劇的でもあった。

0-0のままでは勝ち上がれない。残り時間も15分を切り、相手のG大阪はそのままの逃げ切りも頭の中にチラつきだした時間帯。そこで得たカウンターのチャンスから鈴木は右足一閃。ホームスタンド側のゴールに突き刺さった一発は、結果的に勝利、そしてクラブの歴史を新たに刻む一発となった。「ゴールが決まったときの心境は、言葉では言い表せないほどだった」と自らも振り返るほどの快心の一撃だった。

ただし、試合全体について言及すると本人曰く「調子が悪かった」。確かに、縦パスをうまく収めることができなかったり、ドリブル時にもボールがうまく足につかない場面が目についた。パフォーマンス自体は低調だった。だが、それでも一発でチームを救い、ヒーローにもなるのだから見事なものである。これぞストライカー。そういう働きぶりだった。決勝でも活躍をしたいところである。

だが、その前にこのC大阪戦という大事な試合がある。ACL出場を目指して挑んでいる今シーズン、現状では3位との勝点差が12と広がっている。「決勝進出だけで満足してはいけない」と口にするように、リーグ戦でもしっかりと目標との距離を縮めたいところ。

「ミシャさん(ペトロヴィッチ監督の愛称)のもとで、成長できている実感はある。あとはフィニッシュのバリエーションをもっともっと増やしたい」と貪欲に語る背番号9。不調時にもあれだけのスーパーゴールを決められる勝負強さを発揮できるだけに、ここからシーズン最終盤に向けて調子を上げることができれば、さらなる得点量産も期待できるはず。まずはこのC大阪戦から、リーグ戦でも上位進出を果たしていきたい。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第29節
10月18日(金)19:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs セレッソ大阪
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.9)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.4)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報