J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【富山 vs 岩手】待望の初ゴールで勢いづく大谷駿斗に注目

2019年9月14日(土)


富山は前節の讃岐戦を2-0で制して第9-10節以来となる今季2度目の2連勝を飾って6位に浮上した。ホームで迎える今節の岩手戦で一昨年の第13-15節以来となる3連勝を目指す。

この2試合では前々節の相模原戦でMF白石智之とFW大谷駿斗(写真)、前節にFW平松宗がそれぞれ今季初ゴールを挙げた。チームはこれまで数多く得点チャンスをつくりながら決定力を欠いてきただけに、新たなスコアラーの誕生は明るい材料だ。中でも22歳のルーキー大谷のゴールは「自身Jリーグ初」。特別指定選手として在籍した昨季から数えて18試合目にして、初めての先発起用で挙げた、勝負を決める逆転弾だった。

石川県出身で松任高校から金沢学院大へ。学生サッカーではほぼ無名の存在だったが、50mを5.8秒で走るスピードを買われ、特別指定となった昨年7月から起用されてきた。毎試合のようにゴールに迫り、得点を挙げるのは時間の問題と思われたが、ここまで初ゴールを持ち越していた。「やっと決められた。これまで出場機会があった中で得点をなかなか決め切れず悔しかった。きょうそれを晴らすことができてよかった。多くの観客が来ていただいた中で決められて、うれしかった。チームが楽に試合を運べるように、これからもしっかり点を取っていきたい」と話した。
「大谷の能力をチーム全員が認めていて、得点を決めるのを待っていた。だから、(彼の得点を)みんなが自分のゴールのように喜んだ」とキャプテンのDF今瀬淳也は振り返る。
若手の活躍を起爆剤に、チームが勢いづいている。

文:赤壁逸朗(富山担当)


明治安田生命J3リーグ 第23節
9月15日(日)14:00KO 富山
カターレ富山 vs いわてグルージャ盛岡
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)
  一覧  

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報