【新潟 vs 千葉】ストライカー渡邉新太がせめぎ合いの中に見いだすもの

2019年9月6日(金)


昨シーズン、プロ1年目でチーム最多の10得点をたたき出した実績からすれば、渡邉新太(写真)にとって今シーズン、ここまで2得点にとどまっているのは何とももどかしいに違いない。登録ポジションはFWだが、現在の持ち場は4-2-3-1の左サイドハーフだ。そこでの献身の姿勢と点取り屋の本能のせめぎ合い。それこそが、プレーヤーとして次の段階にステップアップする原動力になり得る。

今のチームの戦いは走力のあるフランシスを右サイドハーフに置き、攻撃の突破口にする。相対的に左サイドには堅実さが求められ、それが右を盛り立てることにもつながっている。このチームバランスの下にジレンマが生まれる。

「この世界、結果を出さないと。ゴールは常に狙っています。チームプレーに徹する時間と、我を出す時間。その配分を、もっと良くしないといけない」

『点を取ってこそ、自分の良さが出せる』という信念を持ちながら、左サイドで攻守にミスを少なくプレーをすることが、試合を組み立てる上での大前提になることも理解する。その中で、好機をどのようにうかがっているのだろうか。

「右サイドと違って、左は自陣の深い位置からドーンと攻め上がる感じじゃない。しっかりボールを前に運んで、コンビネーションで崩す。俺とゴメス君(左サイドバックの堀米悠斗)だけじゃなく、他の中盤の選手とも呼吸を合わせながら」

守備のタスクとビルドアップを心掛けることで、いずれ自分のところにもボールがこぼれてくる。そう信じている。

今シーズン、ゴール数こそ伸びてはいないが、チームプレーと個のプレー両方に向き合いながら、プレーヤーとして成熟度を増してきた。明日のジェフユナイテッド千葉戦で、今季3得点目を狙うまなざしは、とても落ち着いているに違いない。

文:大中祐二(新潟担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月7日(土)19:00KO デンカS
アルビレックス新潟 vs ジェフユナイテッド千葉
デンカビッグスワンスタジアム(アルビレックス新潟)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.8)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (4.2)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集