【町田 vs 金沢】平戸太貴の覚悟。「自分が中心となって引っ張って、自分がJ1に上げる」

2019年8月9日(金)


FC町田ゼルビアは現在18位で、リーグ戦は6試合勝ちなしと低迷している。しかしそんな苦境で、最高に頼もしい男が返ってきた。

平戸太貴(写真)は2017年、18年と2シーズン、鹿島アントラーズからの期限付き移籍で町田に所属。18年は8得点と、J2史上最多の17アシストも記録した。

彼の強みは何と言ってもプレスキックだ。もちろんキック自体の質も高いのだが、それ以上に「コンマ何秒後にここが空く」という予測力が素晴らしい。それが4位という好成績で町田が昨シーズンを終える大きな助けともなった。

今季は鹿島に復帰し、ACLなどで活躍も見せたが、あまり出番を得られていなかった。そこで彼は町田移籍という勝負に出た。今回は完全移籍だ。 

平戸は言う。

「もう半年(鹿島で)勝負するのか、この夏で出場機会を求めてクラブを出るのか、非常に悩みました。自分は2年間ここでやってきましたし、自分の思いとクラブの思いが合致した。夏に移籍しても馴染めるだろうと思いましたし、それでこの移籍を決断しました」

鹿島復帰後の半年間で得た経験についてはこう述べる。

「プレースピード、1対1の強度は高いレベルでやれていたと思う。SBをやったことで、サイドでの守備対応も向上した。そこは少し成長した部分を出せる」

8月4日のヴァンフォーレ甲府戦は町田が後半の3失点により0-3と敗れる展開で、平戸の見せ場が多いとは言い難い展開だった。ただ相馬直樹監督は「高い位置でボールが入ったときには、ある程度は面白いものを見られた」と一定の評価をしていた。

昨季の平戸は「お客様」のポジションにいた。しかし今の彼にはチームの中心として、新たな自覚が芽生えている。

「FC町田ゼルビアはこれから大きくなっていく可能性のあるクラブ。そういうクラブを自分が中心となって引っ張って、自分がJ1に上げるんだという覚悟をもって、移籍してきました」

文:大島和人(町田担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月10日(土)19:00KO 町田
FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢
町田市立陸上競技場(FC町田ゼルビア)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.5)

移籍情報