【大分 vs 神戸】チームの窮地を救う“ラッキーストライカー”三平和司が目覚める

2019年8月9日(金)



大分の快進撃の原動力となった藤本憲明の神戸電撃移籍のニュースにチームは揺れた。移籍に関して榎徹社長、片野坂知宏監督が公式コメントを出す異例の事態が示すように、得点源を失ったショックは大きかった。それでも試合は続く。三平和司(写真)は「プロである以上は移籍はつきもの」と冷静に受け止め、神戸戦に向けて着々と準備を進めている。

今季のリーグ戦は4試合の出場で無得点、不完全燃焼のシーズンを過ごしている。前節の鳥栖戦では後半途中に11試合ぶりにピッチに立ち、配置されたトップ下では攻撃の起点となった。「次の試合もピッチに立てたらチームの勝利に貢献するだけ」と与えられた役割を全うするつもりだ。

片野坂サッカーに触れて4年目、11人が攻守に渡って最良のポジションを取り、隙を作り出す作業を熟知している。とりわけ1トップ2シャドーの形をとる前線の3人の役割は重要だ。パスの出し手と受け手のみならず、前線の3人のスペースメイキングの動きこそが、大分のサイド攻撃を生み出す重要なファクターとなる。三平は「走ることでパスコースを増やして、スペースを作る、基本的にはその繰り返し」という。

藤本のように直接得点に絡むプレーは少ないが、得点の三、四手前には三平がいる。今節もそんなプレーを見せてくれるだろう。「(藤本と)同じプレーをする必要もないし、できない。自分らしいプレーをして勝利に貢献できればいい」。それでも昨季はふた桁得点を挙げた得点に期待はかかる。「僕はラッキーストライカー」と自称するが、ゴールへの嗅覚は天部の才だ。昨季同様に後半戦からハイペースで得点を重ねるはずだ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J1リーグ 第22節
8月10日(土)19:00KO 昭和電ド
大分トリニータ vs ヴィッセル神戸
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報