【明治安田J3 第19節】群馬が接戦を制して3位浮上!長野は北九州を破って今季2度目の連勝

2019年8月4日(日)

八戸 2-2 G大23|ダイハツスタジアム


G大23は31分と59分に唐山翔自の連続得点で逆転に成功。しかし、1点を追う八戸は、71分にCKから小牧成亘(写真)が同点ヘッドを決めて3試合連続でドローに持ち込みました。

岩手 3-4 相模原|いわぎんスタジアム


3分にジオヴァンニ(#10)が電光石火の先制点を奪った相模原はゴールを重ね、前半を終えて4-1とリード。後半、2点を返されて1点差に詰め寄られるも逃げ切り、4試合ぶりの白星を挙げました。

沼津 2-4 福島|愛鷹広域公園多目的競技場


福島は2度のリードを追いつかれたものの、星広太(#14)と田村亮介の追加点で一気にリードを2点に広げて沼津を撃破。今季最多の4得点を奪う快勝を収めました。

長野 2-1 北九州|長野Uスタジアム


35分に國領一平(#22)のゴールで先制した長野は、50分に同点とされるもそのわずか2分後に新井純平(#24)がJリーグ初得点となる殊勲の勝ち越し点を奪取。長野が今季2度目の連勝を果たしました。

F東23 2-2 鳥取|味の素フィールド西が丘


原大智(写真右)の2ゴールで先行したF東23に対し、鳥取は38分に可児壮隆(写真左)の同点ゴールで反撃開始。49分には林誠道が同点弾を決めて振出しに戻すも逆転ならず。鳥取の連勝は5でストップしました。

群馬 3-2 YS横浜|正田醤油スタジアム群馬


2度リードしながらYS横浜に2-2の同点とされた群馬は、その3分後の59分に髙澤優也が頭で押し込んで貴重な勝ち越し点。シーソーゲームを制し、今季2度目の連勝で3位に浮上しました。

熊本 0-0 秋田|えがお健康スタジアム


2連敗中の熊本は秋田の倍となる10本のシュートを放つも無得点。最後のカードとして投入された原一樹(写真)はシュートチャンスに恵まれず。連敗ストップも勝点1を得るにとどまりました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

移籍情報