【浦和 vs 名古屋】「こんなにも変わるのか」とエースも驚愕。関根貴大、自慢の武器で名古屋の脇腹に風穴を!

2019年8月3日(土)


あっという間に浦和に不可欠なピースとなった。苦しんだ海外挑戦から戻った関根貴大(写真)は、たった2試合で「違いを生み出す男」という強い特徴を内外に示してみせた。

復帰戦となった磐田戦では、海外に出る前は本職でなかった左ワイドのポジションでピッチに立ったが、そんなことはあまり関係なかった。持ち前の切れ味鋭いドリブルで左サイドを切り裂いてチャンスを構築。あいさつ代わりにアシストまでつける派手な帰還劇を披露した。

ここまでの浦和になかった“新たな武器”の出現にはチームメートも感嘆の声を上げる。エースの興梠慎三も磐田戦後、「あいつがいるとこんなにも変わるのかというくらい、非常に良いプレーをしていた」と賛辞を惜しまなかった。

そして、それがフロックでなかったことは、次の難敵・鹿島戦であっさりと証明された。浦和は現状で格上の相手に対しても互角以上に渡り合ったが、その要因のひとつになっていたのがこの試合でも左サイドでスタメン出場となった関根の存在だった。

開始早々、鋭利な突破で局面を打開して決定的なクロスを送った関根は、その直後にも対峙する鹿島のDFを困らせ、左サイドからチャンスを創出。後半にはかつての職場だった右サイドに配置転換されたが、そこでも何度か個の力を示した。浦和の生み出したチャンスの多くに関根が絡んでいた。

「関根が入って仕掛ける手が一つ増えた」

鹿島戦後に大槻毅監督がそう話したように、浦和の新たなオプションになっているのは明確だ。浦和はたった一人の選手の存在で違うチームになりつつある、そう言っても過言ではないほど復帰2試合の関根はまばゆい光を放っていた。

「ドリブルが通じなかったらそれまでの選手だと思っていた。いい形でチャンスメイクはできているので、自信を持っていいと思う」。個の力をチームに還元できていることには本人も手応えを得ている。

次の相手はこれまた難敵の名古屋だ。前回の対戦では、風間八宏監督の植え付けた質の高い仕掛けに浦和は蹂躙され、結果・内容とも完敗を喫した。今回も厳しい戦いになり、劣勢を強いられることも覚悟しなければならないが、そういう時に流れを変える契機になるのが個の力である。関根貴大、圧巻の突破力で名古屋の脇腹に風穴を開けろ。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第21節
8月4日(日)19:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 名古屋グランパス
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.3)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報