【明治安田J3 第15節】熊本がアウェイで勝点1を積み上げ首位堅持。群馬はホーム4連勝で5位浮上

2019年7月7日(日)

秋田 0-0 藤枝|ソユースタジアム


共に久々の連勝を狙う両者の対戦は、最後まで決め手を欠き、スコアレスドロー。秋田の中村亮太(写真)は両チーム最多、3本のシュートを放つもゴールネットを揺らすことはできず。

YS横浜 2-2 熊本|ニッパツ三ツ沢球技場


70分に西山峻太が豪快なミドルシュートを決めてYS横浜が逆転に成功。しかし、熊本はその1分後にゴール前のこぼれ球を鈴木翔登(写真左)が押し込んで電光石火の同点ゴール。アウェイで貴重な勝点1を挙げた熊本が首位を堅持しました。

G大23 1-2 岩手|パナソニック スタジアム 吹田


27分に倉捺木(写真中央)のJリーグ初得点となる直接FKで先制した岩手は、木下高彰が74分に貴重な追加点を奪取。終盤に1点を返されるも追撃を振り切って3試合ぶりの勝利を収めました。

群馬 2-0 福島|正田醤油スタジアム群馬


群馬は72分にCKから青木翔大(#10)の先制ヘッドで均衡を破ると、88分に髙澤優也(#17)が勝利を大きく引き寄せる追加点を頭で押し込んで勝負あり。前節の敗戦を払しょくする勝利でホーム4連勝を飾りました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

移籍情報