【金沢 vs 水戸】 ウォーミングアップコラム:前半戦最後の大一番にも自然体を貫く大橋尚志

2019年7月6日(土)


どこか飄々としている。泰然自若と言えばいいのか、つかみどころがないと言えばいいのか。ただ、黙々と黒子に徹するいぶし銀タイプかと言われると、それもしっくりこない。183cmの大型ボランチは、そこはかとなく大物感を漂わせる。

大橋尚志(写真)。金沢にとって藤村慶太が出場停止の今節、中盤の要としての活躍が期待される選手だ。

ポジショニングをはじめ、チームとしての規律を細かく選手に求める柳下正明監督だが、練習中に名指しで大橋に指示することは、ほかの若手に比べると極端に少ない。「おかしなことをしないからね。戦術理解度が高くて、加入当初よりも存在感が出てきている」と、指揮官はその理由を語る。

「守備ができて、運動量が多くて、攻撃にも絡める選手が理想。守備でボールを奪ってそこから攻撃の起点になれる選手。どこにでも顔を出せる選手に憧れる」。本人が語る理想像はスケールが大きく、そしてどことなくつかみどころがない。ただ、その言葉どおり、ボールを落ち着かせることもできるし、ボールを奪うこともできる。またボックス付近まで上がることも、逆に動かずにスペースを埋めることもできる。練習中には強烈なミドルシュートを放つこともあり、これが試合で決まればさらなる高みに到達できるだろう。

藤村不在のなか、首位争いをする水戸との一戦。自身の存在感をアピールするチャンスだが、「自分としてはやることはあまり変わらない。(藤村が)いないからといって特にやることは変えない。自然体で、本当にいつもどおりにできればいい」と気負うことなく答える。

「自然体」。本人が口にしたこの言葉ほど、大橋を表すのに最適な言葉はないだろう。しなやかで、柔軟で、それでいてときには荒々しく力強い。水戸という一丸となって戦う堅い岩を削る、流れる水の姿が大橋に重なる。

文:村田亘(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第21節
7月7日(日)19:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 水戸ホーリーホック
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (2.9)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.8)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報