J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【C大阪 vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:古巣相手に成長の跡を見せつけた圍謙太朗。勝負の第2戦で目指すは失点ゼロ

2019年6月25日(火)



JリーグYBCルヴァンカップ、敵地で挑んだプレーオフステージ第1戦で、C大阪はFC東京に0-1で敗れた。もっとも、ホーム&アウェイの2試合で勝ち上がりが決まるトーナメント方式としては、“前半”が終わっただけ。勝負が決するホームでの第2戦に向けて、チームの士気は高い。

第1戦では失点こそ喫したが、最少失点に留めたことで、第2戦にも希望をつなげることができた。その立役者が、古巣相手に好守を連発したGK圍謙太朗(写真)だ。14年から3年間在籍したFC東京では出番がなく、17年、C大阪に移籍した圍。以来、初めてとなる古巣戦に並々ならぬ闘志を燃やしていたが、しっかりと成長の跡を見せつけた。

「こっち(C大阪)より、向こう(FC東京)の方が評価してくれた(笑)」と冗談めかして第1戦を振り返りつつ、「次の試合も僕が止め続ければ、相手にはダメージになる」と、次こそ失点ゼロのタスクを完遂するつもりだ。

直近のリーグ戦から中2日、アウェイが続く相手の状況も踏まえ、「今回は自分たち次第。相手に合わせるのではなく、相手を圧倒する気持ちが大事。こっちが躍動してやろう、という勢いで入れば、相手も飲み込める」と試合を見据える。

C大阪が勝ち上がるには得点が必要であり、攻撃がこの試合のポイントになることは間違いないが、アウェイゴールのルール上、失点すると、途端に3点が必要になる難しい条件でもある。だからこそ、最後尾の圍を中心にしっかりと無失点で試合を作りつつ、得点を重ねていくゲーム運びを貫徹したい。

文:小田尚史(C大阪担当)


JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦
6月26日(水)19:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs FC東京
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.5)
  一覧  

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報