【C大阪 vs 磐田】 ウォーミングアップコラム:前線でも攻守における献身性が光る奥埜博亮。今節はフィニッシュにも期待

2019年6月21日(金)



5月以降、リーグ戦4勝2敗と好調なC大阪。第11節の横浜FM戦で負傷した都倉賢の穴を誰が埋めるのか、ということも喫緊のテーマだったが、ロティーナ監督が白羽の矢を立てたのは、奥埜博亮(写真)。「プロ入り前はFWだった」と話す奥埜は、プロ入り後もシャドーの位置でもプレー。攻撃的なセンスも十分に兼ね備えているが、驚きの一手であったことは確か。

お披露目されたのは第13節のFC東京戦。相手ボールになった際の守備への切り替えが速く、FC東京の武器であるカウンターの機会を減らすことに貢献した。前線からの守備については、「とても助かっている」と清武弘嗣も証言する。奥埜本人も、「守備のスイッチを入れること、前からパスコースを限定することは大事」と自身の役割を認識。

さらに、「相手にとって嫌なポジションを取ることも意識している」と話すなど、前節の鹿島戦では、前半はブルーノ メンデスと近い距離を保ち、コンビネーションで相手を崩す場面も見られた。もっとも、作ったチャンスを決め切れなかったことが、試合の流れを鹿島に渡してしまう要因にもなっただけに、「前線で出るからには、得点やアシストなど目に見える結果は必要」と自戒も込める。

攻守に献身的なプレーを続ける奥埜がチームにとって欠かせない存在であることは間違いないが、チーム全体が得点力に課題を抱えている現状、今節の磐田戦では、相手の固い守備を攻略すべく積極的にゴール前に顔を出し、得点も狙っていきたい。

文:小田尚史(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第16節
6月22日(土)19:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs ジュビロ磐田
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.1)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.4)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報