【徳島 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:情熱の火を灯す、杉本竜士。

2019年6月21日(金)



6月に入り、徳島は2勝1分と好調を維持している。たまたま結果が続いているわけではなく、キャプテンの岩尾憲が「できること、やらなくてはいけないこと。ここ数試合、地に足をつけて愚直にできている」と言葉にしたが、そのプロセスも非常に良い。

その現状をプレーでけん引しているのが、杉本竜士(写真)。杉本をご存知の方なら、あの表情を必ず一度は観たことがあるだろう。闘志むき出しで、プレーでも、気持ちでも、相手に一歩も譲らない。

直近のホームゲームとなった前々節・町田戦(1○0)、河田篤秀の加入後初得点でスタジアムは沸いた。ただ、その陰で勝利の流れを引き寄せ始めたのは杉本の1つ1つのプレーだったように思う。「前半は球際で負けていたり、予測が遅く、後手を踏んでいた」。その不足分を、自らが労を惜しまず2度追い3度追いして補った。その延長線上に徳島がボールを保持する時間帯が生まれ始め、河田のドラマティックな決勝弾も生まれた。

やはり、スポットライトが当たるのは得点者かもしれない。ただ、杉本のような存在が勝利を呼び寄せるのもサッカーの醍醐味だ。指揮官やチームメイトもその存在感をこう言葉にする。「すごく貢献してくれています。守備時のプレスもそうですし、攻撃時にはどこのスペースにいるべきなのかを理解し、ゴール前で相手の脅威になってくれます」(リカルド ロドリゲス監督)、「全員が思っているかもしれませんが、竜士くんを観ていると、より戦わないといけないと思わされます」(小西雄大)、「竜士くんが仕掛けてくれます。それによって空いたスペースを誰かが使えており、相手も時間が経つごとに嫌がっています」(内田裕斗)。そして、精神的にも戦術的にも欠かせない存在となっている杉本だが、その情熱的なプレーの数々には確かな根源がある。

言葉よりもプレーでけん引するタイプの選手だろう。ただ、町田戦後に紡いでくれた言葉はとても響いた。

「綺麗ごとではなく、サポーターの皆様に僕らは何かを感じて帰っていただきたい。42試合すべて勝てるかどうかと言われれば、正直それは厳しいです。いまからもすべて勝てるかと言われれば、それも厳しいです。ただ、サポーターの方々に毎試合何かを感じていただくことはできると思っています。観に来てくれた方に“上手かった、勝った、負けた”といったこと以上に、何かを気持ちの中で感じることができたり、明日からも仕事を頑張ろうと思えたり、終わった後に美味い酒が飲めるといった気持ちにさせてあげたい。そういう気持ちで、いつもやっています。その根源はサポーターです。やはりサポーターのために毎試合戦いたいという思いが強いです」(杉本竜士)。

今週もその情熱に火を灯してもらおう。

文:柏原敏(徳島担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
6月22日(土)18:00KO 鳴門大塚
徳島ヴォルティス vs アビスパ福岡
鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム(徳島ヴォルティス)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.8)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.7)

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報