【ルヴァンカップ プレーオフステージ第1戦】札幌とG大阪がアウェイで先勝。FC東京と名古屋は手堅く勝利

2019年6月19日(水)

FC東京 1-0 C大阪|味の素スタジアム


FC東京は43分に左からのクロスを永井謙佑(写真)が頭でゴール左隅へ押し込んで先制。C大阪にゴールを脅かされる場面を迎えるも、GK林彰洋を中心とした守備陣が踏ん張って虎の子1点を死守。C大阪から公式戦7試合ぶりに勝利しました。

磐田 1-2 札幌|ヤマハスタジアム(磐田)


49分にアンデルソン ロペス(写真中央)の先制PKでリードした札幌は、一度は同点に追いつかれるも、85分にまたもアンデルソン ロペスがゴールを奪って勝ち越しに成功。そのまま磐田を突き放してアウェイで貴重な勝利を挙げました。

名古屋 2-0 仙台|パロマ瑞穂スタジアム


赤﨑秀平(写真右)の今大会4点目となるゴールで17分に先制した名古屋は、72分にマテウス(写真左)が勝利を引き寄せる追加点を奪取。最後まで仙台を無失点に抑える理想的な試合運びで幸先よく勝利を収めました。

長崎 1-4 G大阪|トランスコスモススタジアム長崎


31分に田中達也(写真 #6)のゴールで先制したG大阪は、後半に入っても攻撃の手を緩めず3点を追加。試合終盤に長崎に1点を返されるも、第2戦に向けて大きなアドバンテージを得ました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまの投稿をお待ちしております!

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報