【浦和 vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:新体制の旗頭として期待される柴戸海「僕も、それに応えたい」

2019年6月14日(金)


オズワルド オリヴェイラ監督との契約を解除し、大槻毅監督の下で再スタートを切った浦和レッズ。新体制の初陣となったJリーグ第14節の川崎F戦は1点ビハインドの中で後半アディショナルタイムに森脇良太が起死回生の同点ゴールを決めて窮地を乗り切った。

この試合で今季初先発を飾った柴戸海(写真)は、2017年のユニバーシアードでチームメイトだった大卒同期の相手MF守田英正と丁々発止のバトルを繰り広げ、新チームの中で重要なポジションを担う気概を示した。

「前半はしっかり中を締めながら相手のやりたいプレーを消せていたので、そこは手応えがありました。ただ後半にそれを続けられなかったのは改善していかなければいけないです、体力面の問題もあると思いますけど、連動して、奪った後にボールキープする時間が増やせれば良かったかなと思います」

川崎Fの中盤の一角を担い、今や日本代表にも選出されるようになった守田に対し、大学時に守田以上に高い評価を受けていた柴戸は実績面で大きく引き離された。しかしプロ2年目となる今季の彼には飛躍の時期が近づいている。

昨季、柴戸のプロデビュー戦はYBCルヴァンカップ・グループリーグ第3節・広島戦。このときにチームを率いていたのは、堀孝史監督との契約解除を受け、オリヴェイラ監督が就任するまでの間に暫定で指揮官を務めていた大槻監督だった。

「大槻監督には去年の(プロデビュー戦の)ときもそうでしたけども、『お前ならできる』と言われました。僕もそれに応えたいと思っています。しっかり練習からアピールしていきたいです」
 
今回、オリヴェイラ監督から指揮を引き継いだ大槻監督は川崎F戦でシステムを3-3-2-2から3-4-2-1へと改めた。注目は中盤をアンカーシステムからダブルボランチに変更した点だ。大槻監督はアンカーのレギュラーだった青木拓矢のパートナーに柴戸を指名し、ミドルエリアでのボール奪取力を高めてゲームを優位に進めようと目論んだ。その結果、前半の浦和はチーム全体がアグレッシブに相手陣内へ入り込んで川崎Fを尻込みさせた。残念ながら後半はスタミナ面やチーム全体の連係面の問題で威力が削がれたが、大槻監督の狙いは先発に抜擢された柴戸のプレーを筆頭に如実に示されていた。
 
国際Aマッチウィークを挟んだ今回の鳥栖戦は新体制2戦目にして、ホームでの初戦。チーム変革の鍵を握るひとりとして、中盤中央に立つ柴戸の貢献度はゲームの趨勢を決める重要なバロメーターになるだろう。

文:島崎英純(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第15節
6月15日(土)19:00KO 埼玉
浦和レッズ vs サガン鳥栖
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報