【愛媛 vs 柏】 ウォーミングアップコラム:川井健太監督が代表招集で2人を欠く中で期待するもの

2019年6月8日(土)


愛媛は前節に引き続いてU-22日本代表の一員としてトゥーロン国際大会に参加中のFW神谷優太とMF長沼洋一を欠いて戦うこととなる。
2人は愛媛にとって必要不可欠な存在だ。背番号10を背負う神谷は常に能動的な姿勢でゴールを貪欲に狙い、相手守備陣に脅威を与え続ける。今季愛媛に加入した長沼はサイドからドリブルで大胆に勝負を仕掛け、チームに勢いをもたらすチャンスメーカーだ。
しかし、川井健太(写真)監督は「2人がいないのは痛い」としながらも、若き才能への期待と2人が抜けたことによるチームの成長に対し持論を展開する。

「リーグが始まる前から、チャンスがある選手は日の丸を背負って戦って欲しいというのはクラブにも伝えていた。もちろん彼らは大事な戦力だけど、サッカーは11人でやるスポーツ。2人が抜けたからといって単純なマイナスにはならず、その他の選手がそこを補ってくれると思っている。練習では神谷、長沼がいないということをみんなが認識した上で、そのポジションを狙う選手のギラギラ感が表れている。そこも良かったと感じている。クラブに対して代表に選ばれる選手がいたら送ってあげて欲しいと伝えたのは、そういう副作用的なもの考えてのこと。もちろん、大前提として我々のクラブから代表選手が出ることは素晴らしいことでもある。彼らの代わりに出る選手からしても、そこでしっかりと結果を出せば、代表組にも負けていないという良いアピールにもなる」

神谷、長沼はともにトゥーロン国際の第1節と第3節に先発出場。初戦のイングランド戦では強豪相手に堂々としたプレーを披露し、長沼が決勝弾を決めるなど勝利に大きくに貢献した。

今節、ホームに強敵・柏を迎える愛媛も彼らの活躍に負けてられないはずだ。もちろん、刺激ある“副作用”にも大いに期待をしたい。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
6月9日(日)17:00KO ニンスタ
愛媛FC vs 柏レイソル
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.2)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.6)

移籍情報