【水戸 vs 福岡】 ウォーミングアップコラム:平野佑一「パスの駆け引きで相手の守備を切り裂く司令塔」

2019年6月8日(土)


ピンチをチャンスに変えることができるか。それはリーグ戦を戦うにおいて、非常に重要なポイントとなる。

今節は水戸にとって大きなピンチと言える。これまで攻守においてチームを支えてきた前寛之を出場停止で欠く。ただでさえ、けが人が続出する苦しい状況だけに前の不在は痛いと言わざるを得ない。

水戸にとって総力が問われる一戦。だからこそ、この状況で勝利をつかむことができれば、今後に向けて大きな自信となることだろう。

この一戦に向けて、「自分がどんなプレーをするか楽しみ」と胸を弾ませているのが平野佑一(写真)だ。プロ2年目の司令塔タイプのボランチ。今季は開幕スタメンを飾り、リーグ序盤は前とダブルボランチを組んでプレーした。前不在の中、いかにチームをコントロールすることができるか。平野にかかる期待は大きい。

「前のポジションに入る選手は代わりではない」と長谷部茂利監督が言うように、求められるのは「前と同じプレー」ではない。平野にしかできないプレーでチームを活性化することが求められる。平野の武器は何と言っても視野の広さを生かしたアイデア豊富なパスだ。的確なサイドチェンジでサイド攻撃を促しながら、常に縦パスを入れて相手の急所を突くことも狙っている。平野が入ることにより、水戸は“より攻撃的”になることは間違いない。

開幕前に行われた川崎フロンターレとの練習試合において、水戸は5点を奪って勝利したが、そのうち3点は平野のアシストから生まれた。「川崎F戦のようなゴールに直結するプレーをもっと出していきたい」と鋭い視線で口にした。

「シーズン序盤は自分のことでいっぱいいっぱいで、駆け引きする余裕がなかったのですが、ここ2試合は意識することができています。相手との駆け引きで上回ることができれば、点を取れるようになると思っています」(平野)。常に相手の状況を見ながら、長短、そして外と中へのパスを織り交ぜて相手の守備を切り裂いていく。今節、平野の両足から繰り出されるパスが水戸の生命線となることだろう。

「チームにおいてヒロ(前選手)は欠かせない存在であることは間違いありません。でも、ヒロがいなくなって、『アイツがいないとダメだ』と思われたくはない。自分としてもやるべきことをやって準備をしてきたつもりです」。自信に満ちた表情で語った平野。飛躍の一戦にすべく、今節に挑む。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第17節
6月9日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs アビスパ福岡
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.2)

移籍情報