【明治安田J2第16節】接戦制した山形が首位再浮上!呉屋が4戦連発の長崎は4連勝

2019年6月2日(日)

福岡 1-1 大宮|レベルファイブスタジアム


34分、菊地光将の今季初得点となる先制ヘッドで大宮がリード。対する福岡は、78分にヤン ドンヒョン(#9)が同点ヘッドをねじ込んで反撃開始するも、決勝点は生まれず。大宮は4試合連続ドロー、福岡は今季初の連勝を逃す痛み分けとなりました。

山形 1-0 鹿児島|NDソフトスタジアム山形


山形は6分にFKからジェフェルソン バイアーノ(写真中央)が今季5点目となるゴールを頭で流し込んで先制。鹿児島の猛反撃をしのぎ切って3試合ぶりの勝利を挙げ、首位に再浮上しました。鹿児島はシュート数で上回るも3連敗を喫しました。

東京V 1-4 京都|味の素スタジアム


一美和成の3試合連続ゴールで先制した京都は、次々とゴールを重ねて、89分に安藤淳(#16)が試合を決定付けるダメ押し点。今季最高となる4位に順位を上げました。東京Vは8試合ぶりの黒星となりました。

横浜FC 2-1 琉球|ニッパツ三ツ沢球技場


横浜FCは1点ビハインドで迎えた78分にイバ(写真)が3試合連続得点となる同点弾を押し込んで反撃の狼煙を上げると、その3分後にイバが再び決めて逆転に成功。イバの2ゴールで逆転勝利を収めました。

金沢 0-0 徳島|石川県西部緑地公園陸上競技場


前半は金沢が攻勢に出るも、後半に入ると徳島が反撃。総シュート数では金沢の倍となる10本を放つも、野村直輝の鋭いシュートがバーに嫌われるなど決め手を欠き、スコアレスドローとなりました。

千葉 1-4 長崎|フクダ電子アリーナ


長崎は絶好調の呉屋大翔(写真)が14分に4試合連続ゴールとなる先制点を奪って勢いを得ると、攻撃の手を緩めず4得点を挙げる大勝。今季初の4連勝を飾りました。

町田 2-2 栃木|町田市立陸上競技場


先制した町田が2-1と勝ち越して後半アディショナルタイムに突入。パワープレーを敢行した栃木は、森下怜哉(#15)が巧みな切り返しから執念の同点ゴールを決めて土壇場でドローに持ち込みました。



本日の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?
美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまのご応募をお待ちしております!

口コミはこちらから!

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報