J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【東京V vs 千葉】 ウォーミングアップコラム:「アナタニカワッテ、コトシ、ヴェルディノ“スケット”ヤッテマス」新外国人ネマニャ コイッチが元助っ人の前で名刺代わりの一発を決める!

2019年5月24日(金)


前節山口戦に勝利し、今季初の3連勝となった東京V。第9節から3試合連続引き分けが続いたが、その後の3連勝によって、その引き分けを“勝てていない”ではなく、“負けていない”へと変換することができた。6試合負けなし、順位も10位まで上昇と、追い風ムードも漂い始めているが、周囲に目を向けると、首位・山形とも、逆に、最下位・FC岐阜とも、同じ勝点8差なのである。「勝てば大きく上に行けるけど、負けたら一気に順位が下がる。だからこそ、この試合は本当にめちゃくちゃ大事」だと、選手全員が口にしている。しかも、相手は個のスキルの高い選手が揃った千葉である。兜の緒を締め直し、心して挑む。

チームの連勝とともに自身も波に乗り始めているのが、今季から加入した新外国人ネマニャ コイッチ(写真)だ。前々節の初ゴールに続き、前節も、連続ゴール中。本人の「ヨーロッパから初めて来て、チームやチームメイトのプレースタイル、環境など、全てが違う中で適応するためにはある程度の時間が必要だった」の言葉通り、ここにきてようやく周囲との連携も高まってきた印象がある。

前節、試合中に足を痛め途中交代となり、負傷の程度が心配されたが、試合2日前の練習には完全合流している。トレーナーの最終的な判断はギリギリになるだろうが、今節の出場も「たぶん大丈夫」だとギャリー ホワイト監督。敵陣には、昨季までの助っ人外国人アラン ピニェイロがいる。3連弾を決め、「今の東京Vの助っ人は僕だ」とアピールしたい。

ここ数試合の東京Vは、得点、失点とも、早い時間から生まれることが多いだけに、この試合も立ち上がりからいかにボールを握れるかが1つの大きなポイントだろう。そこで鍵を握るのが、背番号27だ。中盤でパスを繋ぎ、チームの攻撃スイッチが入っている中で、あまりに簡単にボールロストすることも少なくないだけに、しっかりとおさめたい。

また、タイプとしては、足元よりも裏に抜けるプレーを得意とする。チームとしてのスタイルが“ボールを握る”だけに、コイッチの武器をいかに有効に使うか、中盤の展開力にも注目したい。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月25日(土)15:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs ジェフユナイテッド千葉
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.7)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.6)
  一覧  

移籍情報