J's GOALニュース

 次のページ 一覧前のページ 

【札幌 vs G大阪】 ウォーミングアップコラム:新たな術を身に着けるべく札幌に加入した背番号9。強固な守備網を破り、さらなる高みへと歩みを進める。

2019年5月24日(金)


「無得点に終わったのは僕も含め攻撃陣の責任」。前節の東京戦後、鈴木武蔵(写真)はそう自らに厳しく言葉にした。東京戦では相手が手堅く戦い、カウンターを仕掛けるスタイルのチームだったゆえに札幌がボールをコントロールすることができた試合だった。最終ライン、ボランチのところでは自由な組み立てができるものの、敵陣に入ると強固な守備網が待っており、「相手は球際が厳しく、守備ブロックもしっかり作ってきた」(鈴木)こともあって、そこから先では自由にはプレーさせてもらえない。

結局、その壁に跳ね返されてはカウンターを受けてしまい、何度もピンチを招いての0-2敗戦。相手のブロックを崩すことができず、今シーズン加入のストライカーは責任を強く感じていた様子だった。

さらに遡れば前々節の松本戦も同様。相手は5-4-1で人数を割いた守備を行ってきた。この試合でもそうした相手に対して決定的な仕事をすることができていなかったため、東京戦を経て鈴木の悔しさはよりいっそう増したのだろう。

引いた相手を崩して得点を奪う。このプレーについては、札幌に加入するにあたって鈴木がひとつのテーマとしていたものである。「カウンターや、クロスをヘディングで合わせてという形での得点は、J1でもある程度取れるという自信がついてきた。でも、引いた相手を崩して得点を奪うというプレーについてはまだまだ。その部分を、ミシャさん(ミハイロ ペトロヴィッチ監督の愛称)のもとで身に着けたい」とかねてより口にしている。3月に初めて代表に召集されるなど、ペトロヴィッチ監督のもとで着実に成長をしていることは間違いない。ただし、肝心のところがまだ達成できていないという心境なのだろう。

もちろん、言うまでもなく守備ブロックを作った相手を崩すのは容易ではない。崩すための方程式もない。ともすれば、我慢強くクロスを上げ続けることが一番の良策なのかもしれない。世界トップレベルのチームだって、相手に守備を固められたならば、それを崩して得点するのは困難だ。

でも、だからこそ鈴木はその術を身に着けたいのだろう。「選手である以上、代表に選ばれたいしワールドカップにも出たい」と目標は高い。そして、その目標を果たすべくペトロヴィッチ監督のもとで自らを研鑽し続けている。

容易ではないことはわかっている。でも、その術を身に着けてさらなる高みへと進みたい。このG大阪戦でもハイレベルなDF陣に守備ブロックを構築される展開になる可能性もあるが、それを打ち破り、さらなる一歩を踏みしめたい。責任を口にしながらも、決して下を向かず、相手ゴールに向かって突き進んでいく。6月に行われるキリンチャレンジカップ2019の日本代表に選出された背番号9は、課題と向き合いながら日々、着実に成長を続けていくつもりだ。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第13節
5月25日(土)14:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs ガンバ大阪
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.4)
  一覧