【磐田 vs 仙台】 ウォーミングアップコラム:磐田のキーポジションで成長を続ける小川大貴。「サイドバックとしての幅も広がった」

2019年5月17日(金)


今季の磐田にとってウイングバックは、新戦術におけるキーポジションの1つでもある。昨季まではワイドで横幅を取り、サイドを上下動する縦への推進力が求められていたポジションだったが、今季からは時にはボランチのように内側に絞ってプレーすることも求められている。もちろんこれまでサイドバックやウイングバックを主戦場としてきた小川大貴(写真)にとっては、「最初は違和感しかなかった。今までのボールを受けてきたアングルとは違うアングルでボールを受けなければいけない」とやり始めた当初にその難しさを話していた。

その中でチャレンジは続いていた。味方とのポジショニングが被らないことが前提で成り立つ新戦術は、自分のポジショニングにも相当気を遣ってプレーする必要がある。試合状況はもちろん、味方の立ち位置によってもポジションを変える必要がある。「お互いの動きを見ておかないと僕の前の選手が中に入っている時に中のパスコースに入ってしまってもコースが被ってしまう。(ビルドアップ時に)出し手の選手がボールを出すところがなくなってしまう。そういうところは本当に意識しています」。試合の中で繰り広げられている状況をいち早く察知して、自分が取るべき適切なポジショニングを取らなければいけない難しさがこのポジションには与えられている。

その中で「距離感やボールを受ける体の向きは、重ねるごとに良くなってきていると思う」と徐々に手応えも感じ始めている。練習や試合で培ってきた経験を生かして試行錯誤してきたことがウイングバックのポジション理解を深めたことに繋がっているようだ。また「サイドバックとしての幅が広がった」と自身の成長にも繋がっている。あとはそれを試合の勝敗に結びつけていくこと。

昨季アウェイでの仙台戦ではスーパーゴールも記録している。「(仙台の)イメージは悪くない。同じような境遇でなかなか勝てていない。気持ちで上回って何が何でも勝点3を取りたい」と意気込みも十分。名波浩監督も仙台戦に向けたキーマンにウイングバックの小川大貴と松本昌也の2人の名前を挙げていた。この試合で今季ホーム初勝利を飾るためにも小川大貴のポジションが仙台攻略のキーポイントになりそうだ。

文:森亮太(磐田担当)


明治安田生命J1リーグ 第12節
5月18日(土)14:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs ベガルタ仙台
ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.4)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (3.5)