【湘南 vs 名古屋】 ウォーミングアップコラム:まずは自分のよさを――齊藤未月

2019年5月3日(金)


その成長は著しい。持ち前の球際やボール奪取はもとより、ボールを持った際の幅が増し、多彩に動かしながら自らもゴールへと推進力を傾ける。豊富な運動量をベースにボックス・トゥ・ボックスの動きも弛まない。チームが掲げる「加速」を仲間とともに促している。

「今季は後ろでしっかりつくってから加速できるチームにもなってきていると思う」と齊藤未月(写真)は言う。
「後ろでも時間をつくれると思っているので、あえて長い横パスを入れてもう一度つくり直したりということは、チームとしても個人としても徐々にできてきたのかなと思います」

だが、いい感触ばかりではない。たとえばゲーム終盤に追いつかれた第7節松本戦を振り返り、「自分が状況を変えなければいけなかった」と自身に矢印を向けたように、ボランチとしてチームのためにやるべきをつねに見つめている。

今節は2位の名古屋をホームに迎える。中盤を司るのはジョアンシミッチと米本拓司だ。「日本でもトップレベルのダブルボランチ」と言葉にリスペクトを忍ばせつつ、齊藤は一戦を見据える。
「2人ともボールを奪えますし、ボールを繋げて、前にも出てこられる。メンバーがどうなるか分からないですけど、ただ、試合に出たらまずは自分のよさを出すことかなと思います。ぼくはボールを奪うのが得意だし、球際で負けない自信もある。そこで一気に奪い切り、攻めていく回数をどれだけ増やせるかも大事かなと思います」

まずは練習でしっかり競争に勝ちたい、と口にする。ピッチに描かれるプレーは、仲間との日々の切磋琢磨の結晶だ。

文:隈元大吾(湘南担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
5月4日(土)16:00KO BMWス
湘南ベルマーレ vs 名古屋グランパス
Shonan BMW スタジアム平塚(湘南ベルマーレ)
みんなの総合評価 (3.7)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.9)