【札幌 vs 神戸】 ウォーミングアップコラム:“黄金の左足”と新たな芽生えたリーダーシップ。背番号5がチームを4連勝に導く。

2019年5月3日(金)


あまりにも強力すぎる。

何がって、福森晃斗(写真)の左足からのキックである。Jリーグファンの方ならば、この選手のキック力はすでに熟知しており、いまさら知らされるものではないだろう。しかし、である。にも関わらずこの選手のキックを見るたびに「やっぱ、すげえな」と多くの人が何度も思い直しているはずだ。これぞ“伝家の宝刀”の切れ味だろう。

第8節に放った直接FKでも多くのファンを唸らせたし、前節の磐田戦でDF進藤亮佑の得点をアシストした左CKも見事だった。筆者は過去に福森のことを“和製○○”といったような書き方を何度もしてきたが、もはやその必要はないのだろう。福森は福森なのだ。いまや世界中の情報が手に入る時代。欧州のサッカーファンの中にもこの名を知る人はきっといることだろう。

ただし、第4節からの3連敗中はこの選手も苦しんでいた。「なんかこう、自分のなかで意識しているプレーと実際のプレーとの差があった。周囲の人は『そんなことない』と言ってくれるのだけれど、自分の感覚がなかなかつかめなかった」と振り返る。しかし、そこからの3連勝を経て感触は取り戻された様子である。JリーグYBCルヴァンカップを挟む過密日程のなかでも連戦をこなして勝利に貢献し、体力的な負担があった代わりに、感覚的な回復が得られたのだろう。

そしてこの新元号初戦。札幌は4連勝をかけて神戸をホームに迎える。ここで連勝を重ねることができれば、チームはさらなる勢いを得られることだろう。昨季の4位を上回るトップ3に食い込むためにも重要な一戦だ。

そうした局面を前に背番号5は「もっと自分がチームを引っ張る意識を強めていきたい」と口にする。2015年に札幌に加入し、今季で5年目。若いチームとあって試合のなかでは「自分が年長になってきた」。そのなかで「キャプテンの(宮澤)裕樹さんばかりに任せるのではなく、自分も積極的に声を出してチームを引っ張っていく」とリーダーシップを強調する。

プレーで左足で、そして声で。いまやリーグを代表するプレースキッカーが、4連勝に向けてすべての力を注ぐ意欲をハッキリと発している。

文:斉藤宏則(札幌担当)


明治安田生命J1リーグ 第10節
5月4日(土)14:00KO 札幌ド
北海道コンサドーレ札幌 vs ヴィッセル神戸
札幌ドーム(北海道コンサドーレ札幌)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.4)