【明治安田J2第11節】首位の水戸はドローで無敗継続。アウェイで快勝の金沢が6位に浮上

2019年4月28日(日)

水戸 0-0 新潟|ケーズデンキスタジアム水戸


開幕から10戦無敗の水戸と新体制での初勝利を目指す新潟の試合は、両チームとも諦めず最後までゴールに迫りますが、得点を決めることはできずスコアレスドロー。水戸は無敗をキープするも選手たちは悔しそうな表情を浮かべていました。

------------------------

栃木 1-1 岐阜|栃木県グリーンスタジアム


前半は岐阜ペースで試合が進み、CKから何度も決定的なチャンスを迎えるもゴールならず。すると耐えしのいだ栃木が56分に大黒将志のヘディングで先制!しかし終了間際の85分に岐阜は粟飯原尚平の力強い突破から山岸祐也のゴールで追いつき、そのまま1-1で終了しました。

------------------------

京都 0-0 徳島|京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場


2試合ぶりの勝利を目指すホームの京都は積極的にシュートを放ってゲームを支配するも、対する4試合ぶりの勝利が欲しい徳島も人数をかけたカウンターからチャンスを作るも決めきれず。0-0で痛み分けとなりました。

------------------------

岡山 1-1 東京Ⅴ|シティライトスタジアム


38分、東京Ⅴがゴール前でパスワークを見せ、走り込んだ奈良輪雄太の狙いすましたフィニッシュで先手を取る!さらに64分に東京ⅤがPKを獲得するも、一森純が見事に読み切りストップ!そして迎えた75分、CKからイ ヨンジェ(写真)が頭で押し込み、岡山が追いつく!試合は引き分けとなり、勝点1を分け合いました。

------------------------

千葉 0-0 大宮|フクダ電子アリーナ


5連勝中の大宮は、昨季明治安田J2得点王、大前元紀(写真)の5本を筆頭に千葉の倍となる14本のシュートを放つもゴールをこじ開けることはできず、スコアレスドローで連勝がストップ。対する千葉も4試合未勝利となる痛み分けとなりました。

------------------------

0-0 横浜FC|三協フロンテア柏スタジアム


柏が主導権を握って試合を進めるも、横浜FC守備陣の奮闘の前に最後までゴールは生まれず。柏は4試合連続ドロー、対する横浜FCは今季初の連勝を逃す引き分けとなりました。

------------------------

山口 0-2 金沢|維新みらいふスタジアム


49分にクルーニー(写真)のゴールで先制した金沢は、76分に大石竜平が追加点を挙げて2点差に。守っても総得点数でリーグトップタイ(16得点)の攻撃力を誇る山口を見事にシャットアウト。アウェイで勝利し、3試合ぶりの白星を掴みました。

------------------------
平成最後の試合観戦の記録をスタジアムナビに口コミしてみませんか?
美味しかったスタジアムグルメや、楽しかったイベントの様子なども絶賛募集中です!

みなさまのご応募をお待ちしております!

スタジアムナビはこちら!

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報